乳癌切除後のリハに励む姉貴ですが、術後の突っ張り感から来る痛みの他、擦れによる痛みとかもあるらしい。

先日、また買い物帰りに実家に立ち寄り、
姉貴の様子を見てきました。

手術により取り除いた部分の病理検査で、
右側の結果は出た様で、
特に問題は無いだろうと言われたそうです。

ただ、左についてはまだ少し、
検査の結果が出るまで時間がかかるとの事。
別にのんびりしてる訳では無いんでしょうが、
思いのほか時間がかかるもんですねぇ。

時間があれば、自作の器具を使用してリハしてます。
自作と言っても、そんなに大層なものでは無く、
部屋の入り口(開けっ放し)の柱にフックを取付け、
そこにビニール紐をぶら下げただけのモノです。

紐の両端を左右の手で掴み、
それを上下させるという運動。
病院でのリハでも似た様な事をしてるとか。

本人によると、両脇がやはり痛い様です。

左側はリンパも切除してるので、
そのせいなのではないかと尋ねると、
リンパを切除していない右側も痛いらしい。

手術した後な訳だし、
手術痕の痛みとかではと思ったのですが、
そういう痛みとはちょっと違うらしく、
突っ張り感みたいなものからくる痛みとの事でした。

また、手術痕的なものかどうか分かりませんが、
丁度首の下の胸元辺りにシャツが触れると、
ヒリヒリする様な痛みがあるらしいです。

結構、乳癌の手術を受けた人には、
その様な擦れによる痛みを訴える人がいるらしく、
擦れ部分にガーゼなどをあてがうと良いらしいです。

尚、痛みやリハビリとは関係無いですが、
切除した部分の写真を、
担当医から「見る?」と言われたらしく、
そういうのが苦手なクセに「見る」と言って
見せてもらったそうです。

どんな感じだったか事細かに聞かせてくれましたが……
私もそう言うの苦手って事、忘れて無いかい?


人気ブログランキングへ

【PR】







スポンサーサイト

テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

落ち着いてきたと思った血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)の症状が、今日はまたちょっと。

ここ数日日中も眠気が強い日ばかりで、
数日おきになんとか乗り越える日と
落ちたり耐えられず寝てしまう日がやってきてます。

日中なんとか乗り越えても、
夜になると就寝時間までまだまだ間があるのに、
テレビとか観ながらうたた寝してしまったり。

今日も予定より数時間早く起床してしまいまして、
途中まではなんとか踏ん張ってましたが、
1時間近くうたた寝してしまった後、
たまらず横になって寝てしまいました。

この時期を乗り越え、
少しずつ安定してきだした頃になると、
再び血管運動性鼻炎が発動。
CPAP療法が出来ない日が続くなどして再び乱れ、
またリセットし直す……

毎年そんな事の繰り返しです。

また、ここのところ落ち着き始めてた
血管運動性鼻炎の症状でしたが、
今日は起床後に数回、激しいクシャミと鼻水。

夏とか暖かい時期でも、
そりゃ体温と気温で大きな温度差があれば、
症状が出ても不思議では無いですし、
実際、シャワー後だったり熱辛いモノを食べると、
クシャミや鼻水が止まらなくなります。

鼻水だけに関してなら、季節に関係無く
副鼻腔炎の影響で鼻水が垂れながれる事がありますが、
今日のはクシャミも伴う明らかな鼻炎症状。

確かに今日は(も?)暑かったですが……???


人気ブログランキングへ

【PR】







テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

自分も脂質異常、睡眠時無呼吸症候群なので、動脈硬化や心疾患・脳疾患には気をつけないと。

夕方、TVを付けてビックリしました。
西城秀樹さんがお亡くなりになったとか。
死因は心不全。享年63歳。
ご冥福をお祈り致します。

過去に2度程脳梗塞になられ、
軽度の言語障害等後遺症があったそうですが、
その際の原因も心疾患(心房細動)が原因だったとか。

うちの親父さんは、脳出血で倒れ右片麻痺になりましたが、
その際の検査で、所謂プチ脳梗塞の跡がある事が確認されました。

以前から左足を引きずる様にしていたので、
その件について聞いてみたところ、
一度トイレで転けて、それ以来ずっとそんなだと言ってました。

本人は特に痛みがある訳でも無し、
医者嫌いという事もあって、そのまま放置していた様です。
また、転けた事が原因だと思い込んでたみたいです。

親父さんの話を聞き、
転けた事が原因なら痛みが無いのはおかしいし、
その後もずっと引きずり続けるのもおかしい。

話を聞いた私と弟は、転けた事が転けた時点で既に麻痺してた……
つまり脳に原因があるのではないかと思った訳です。
それで、病院を受診する様に言ったんですが……

親父さんの場合は、脳出血時の検査により
糖尿病と高血圧である事が分かったので、
心疾患による血栓では無く、動脈硬化が原因だと思います。

うちは親父さんの家系が糖尿病の家系なので、
それなりに気をつけてはいますが、
私の場合、常時頻脈ではないものの時々頻脈を起こします。

一応、心臓についてはちゃんと検査を受け、異常は無かったですが、
脂質異常(高脂血症)という事は判明しており、
担当医の指示の元で薬を服用している事もあり、
動脈硬化には注意が必要だなぁと改めて思いました。

また、睡眠時無呼吸症候群でもあり、
一応CPAP在宅療法を続けてる訳ですが、
心疾患、脳疾患にも注意が必要かなと。

私より上の世代……多分私の世代も含めてですが、
医者が嫌いとか苦手って人が多い様に思います。
特に男性にその傾向が強い様に感じます。

嫌い・苦手ならまだしも、
病気自慢とか不健康自慢とか……アホかと思います。

そりゃ、医者にかからなくて済むならそれに越した事は無い。
しかし、大事に至ってからでは遅いですからね。
いつもと違うとか、何か違和感を感じたら、
早目に病院を受診される事をお薦めします。

あと、これは自身の反省でもありますが、
もし身内がおかしいなと気づいたら、
本人が嫌がる場合、多少強引にでも病院に連れて行く事が、
時には必要かなと思います。


人気ブログランキングへ

【PR】






テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

過呼吸は文字通り酸素過剰な状態なので、一度大きく息を吐き、少しずつ呼吸を整えていく様にするといいです。

例の新橋での出来事ですが、パニック障害の連鎖、
所謂『集団パニック(集団ヒステリー)』の様ですね。

過去にも、ショッピングモールや学校内で、
女子中高生が集団パニックになった事がありましたが、
子供や若い女性に多く発生するみたいです。

保育園などで幼児が連鎖的に泣き出したりするのも、
これと同じ現象だとか。

連鎖する症状としては、今回は過呼吸だった様ですが、
その他興奮、意識障害、妄言・幻覚とかもあるらしいです。

私自身は、集団パニックの
現場に居合わせた事はありませんが、
過呼吸は経験した事があります。

重症の睡眠時無呼吸症候群のため、
CPAPを装着して就寝しないと
呼吸停止もしくは呼吸困難な状態になります。

アレは、まだ治療を始める前の事でした。
呼吸が停止し酸素飽和度が低下したんでしょうね。
それで身体が必死に酸素を……

という状況下で覚醒したものですから、
それで軽くパニック状態に。

と言っても私の場合は、

パニック→過呼吸

では無く、

過呼吸で覚醒→パニック

だったのですが。
どっちにしても、あの時は焦りました。

「このまま死ぬのかな、オレ……」

とか思いました。いやホントに。
が、苦しさにのたうち回ってる途中で、

「これは……ひょっとして過呼吸じゃないか?」

という事に気づき、一旦気を沈めて
冷静になれたので助かりました。

過呼吸になってしまった際、
或いは過呼吸と思われる状態の人に遭遇した場合、
文字通り、呼吸が過剰(酸素過多)の状態なので、

一度、大きく息を吐く(吐かせる)

という事が大事です。

私の場合は、一度呼吸を止めた後、
小さく且つ少しずつ呼吸をしていき、
通常の呼吸に戻していきました。

その後、CPAP治療を始めた後も、
鼻の具合が悪くてCPAPを装置出来なかった際に、
同じ状況で覚醒した事がありましたが、
その経験があったので、
2度目は落ち着いてすぐに対処出来ました。

睡眠時無呼吸症候群の人は、
血中酸素飽和度が低下してしまう事により、

(脳の酸素不足による)脳疾患

或いはそれにより、
一生懸命心臓が酸素を送ろうと頑張ってしまうため、

(心臓の負荷による)心疾患

などを引き起こす危険があり、
その事は広く認知されてるとは思いますが、
私の様に過呼吸になってしまう事もあります。

対処法を知ってるかいなかでは、
結果は勿論、気分的にも大違いです。
是非覚えておいて欲しいです。

これが、子供達に集団で起きてしまった場合は、

周囲の大人達が落ち着く事

冷静になり対処する事……ですかね。
なかなか大変な事だとは思いますが。


人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

自律神経不調(胃酸過多)、空気嚥下症、揚げ物増加の三つ巴で胃が……

先週寒さがぶり返した事、
それにより気温差が大きくなった事で、
鼻炎症状がぶり返してしまいましたが、
それとは別に、ここ数日胃の調子が悪いです。

最初は、空気嚥下でのガス溜まりによる
キリキリとした胃・下腹部痛でしたが、
ここ3日くらいは、胃が焼けるというかムカつきです。

自律神経の不調による胃酸過多と空気嚥下症によるゲップから、
逆流性食道炎による胸の痛みが出たりする事から、
一応、胃液を抑える薬も処方されてるんですが。

まあ、この時期は普通の人でも自律神経が乱れ易い季節。
元々不調の私では尚更、色々と健康面で不具合が生じます。

担当医も、その点を踏まえた上で、
「とにかく頑張ってこの時期を乗り切るしかない」
「鬱陶しいとは思うけど……」
という事です。

そう言えば、体重はそれ程変化してませんが、
体脂肪、内臓脂肪が少し増加した様に思います。

確かに、以前より少し揚げ物が増えた様な……
揚げ物による胃もたれですかね?
何にせよ、今一度食事内容の見直しをした方が良さそうですね。


人気ブログランキングへ

【PR】






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR