FC2ブログ

リハビリについて

脳卒中などによる片麻痺の患者さんに対する
リハビリテーションには、以下の3段階があります。

■急性期(発症直後〜数週間程度)
体の機能低下を最小限に抑えるリハビリで、
上半身を起こして座っていられる程度に回復するまでの期間の事です。
自ら動けない状態でも、筋肉や関節の機能低下を防ぐため、
ベッド上で関節を動かす運動などのリハビリを行ないます。

■回復期(数週間〜数ヶ月程度)
入院先医療機関もしくはリハビリ専門施設などで、
本格的且つ集中的なリハビリを行なう事により、
日常生活に必要な動作や機能が回復するまでの期間の事です。

■維持期(数ヶ月〜6ヶ月目以降)
自宅などに戻り、リハビリ専門施設にて回復した機能の維持をはかり、
日常生活におる自立・社会復帰を目指す期間の事です。
退院後も、自宅でのケアや通所・訪問デイサービースなどの利用により、
日常生活動作などの訓練を行なう事で、機能を維持する様にします。

1ヶ月間の治療入院後は、リハビリ専門機関に転院し、
そこで最長6ヶ月間のリハビリ入院にて、
身体機能の回復・維持のためのトレーニングを集中して受けます。

脳卒中などの場合、個々の患者さんによって、
回復の度合い、進捗状況が異なります。

先ず、転院時に責任者の方や各療法士の方、
本人、家族での3者面談を行います。
※この面談は、以降定期的に実施されます。

どこまでの回復が見込めるのか、
そのためにどのようなリハビリを行なうのかなどを相談し、
回復・維持に関する目標を立て、
それに沿った形でのリハビリを進めて行きます。

尚、退院時に要支援・要介護の認定を受けた方の場合、
介護支援専門員、いわゆるケアマネージャーさんが付いて、
介護サービスの給付計画(ケアプラン)を作成し、
様々な介護サービス事業者との連絡、調整等の取りまとめ、
在宅でのケアに関する相談・サポートをしてくれます。

退院の際、近隣のケアマネージャーが所属する事業所のリスト
病院側が提示してくれますので、
その中からご家族で依頼する事業所を選択します。

因みにうちの場合は、お袋さんが足腰の治療のため、
定期的に受診していた町の総合病院、
稲沢厚生病院(旧・尾西病院)に介護保険事業所があり、
自宅からも近いと言う事もあって、そちらにお願いしました。






スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR