FC2ブログ

レム睡眠行動障害

レム睡眠時の夢見の状態で、
夢と同じ行動を実際に起こしてしまう病気です。

レム睡眠時、脳は覚醒時に近い状態ですが、
全身の骨格筋は緊張が低下している状態にあるため、
普通は、そう言った行動を起こす事はありません。

しかし、何らかの原因により、
筋緊張の抑制が障害されるために、
夢で見たことを行動に移してしまうのです。

【症状】
・寝言
・睡眠中の異常行動


睡眠中の異常行動としては、
腕を動かす、足を動かすなどの行動や、
突然立ち上がったり歩き回ったりなどの行動をする事もあります。

また、夢の内容によっては、殴る蹴るといった行動をするため、
隣で寝ている相手に怪我を負わせたり、
自身が傷を負ったりする危険もあります。

【原因】
脳幹部の脳腫瘍やパーキンソン病など、
いくつかの基礎疾患を持つ場合に発現する事がありますが、
多くの場合、基礎疾患を持たない事が多く、
原因は不明とされています。

【診断】
夢と同じ言動である事が前提となります。
脳が覚醒時に近いため、本人を起こす事が容易なので、
異常行動がみられた際に、本人を起して夢の内容を確認し、
行動と夢の内容が一致するかどうかを確認します。

【治療】
クロナゼパム(商品名ランドセン、リボトリール)などの
抗てんかん薬、筋弛緩薬が、神経発作を鎮める作用がある事から、
この病気の治療に用いられます。
この薬を服用する事で、筋緊張、つまり身体の動きを抑制する訳です。

※似た様なものとして『睡眠時遊行症』いわゆる『夢遊病』がありますが、
 『夢遊病』の多くは“ノンレム睡眠”時で無意識に起こすものであり、
 その間の記憶がありません。






スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR