FC2ブログ

脳出血とは

出血性の『脳血管障害』の事で、
脳溢血(のういっけつ)または頭蓋内出血とも呼ばれます。
文字通り、脳内に出血する疾患です。

脳出血には、脳内への出血と脳周辺への出血の2種類がありますが、
一般的には脳内出血の事を脳出血と呼びます。

■脳内出血
脳内に出血する疾患の事です。
大きく高血圧性脳出血と非高血圧性脳内出血に分類されますが、
出血の部位によって、更に細かく分類されます。

■クモ膜下出血
脳と頭蓋骨の間には3層の髄膜と呼ばれる膜があり、それが脳及び脊髄を保護しています。
外側から順に「硬膜」「クモ膜」「軟膜」と言います。
最も内側にある軟膜の損傷により、軟膜とクモ膜の間(クモ膜下腔)に出血する疾患です。

【発症直後】
発症直後は、出血部位などにより異なりますが、
激しい頭痛や意識障害、麻痺、失語症、吐き気や嘔吐の症状が出ます。

重症の場合などは、直後に昏睡状態に陥ったり、
呼吸障害を起こし死亡する事もあります。

また、発症後24時間以内は再出血の危険もあります。
脳出血とは、いかに早く処置を施して止血するか、
出血量を抑えるかが重要な疾患なのです。

【治療】
小さな出血で且つ神経症状が強く無い場合などは、
血圧を管理・コントロールして保存的に様子を見ながら、
血腫が吸収されるのを待ちます。
症状が軽い場合は、大きな後遺症が残る事もありません。

しかし、頭蓋内血腫が大きいなど切迫した状況では、
手術によって血腫を取り除く必要があります。

【後遺症】
出血による炎症や血流の阻害(虚血)、または血腫による圧迫などにより、
脳がダメージを受けてしまう事があり、
出血部位や脳がダメージを受けた部位によって、
身体の麻痺や言語・記憶障害など、様々な障害、後遺症が残ります。

【要因】
脳出血には、頭部を強打するなどの外傷性のものと、
それ以外の非外傷性のものがあります。
非外傷性の場合、脳内出血なら高血圧が主な要因となり、
クモ膜下出血なら、脳動脈瘤やもやもや病などが要因となります。

非外傷性のものは、高血圧などの生活習慣病に起因します。
不健康な食生活を避け、適度な運動を心掛ける事が大切です。
また、ストレスや慢性的な睡眠不足も高血圧などの原因になります。
質の良い睡眠で心身のリフレッシュを心掛ける事が大切です。

※大脳はその表面に薄い膜があり、これを大脳皮質と呼びます。
 この大脳皮質のすぐ下で出血する疾患を「皮質下出血」と呼びます。
 これは脳出血の一種です。
 それとは別に「皮下出血」というものがあります。
 これは、頭部など皮膚の下(皮下)で発生する出血の事であり、
 頭蓋内で発生する疾患ではありません。
 良く似た名称なので、ネットなどで検索する際は注意してください。
スポンサーサイト



テーマ : 脳出血・脳梗塞
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR