FC2ブログ

結局よく分から無いまま右足先の痛みが消えました

昨日・今日と、睡眠時間がまた後ろにズレ気味なので、
また修正の必要がありますねぇ。

と、それはそれで大切なんですが、
ずっと続いてた右足先の痛みなんですが、
昨日、パッタリと痛みが無くなりました。

確かに、少しずつは治まりつつあったんですが、
昨日起きたときに、

「アレ? 足……痛くないな」

って感じで。
前日の就寝前までは、痛みという程ではないにしろ、
何か腫れてる様な違和感を感じてたのに……

今日はもう、全く何事もなかったかの様に、
全然平気です。

しかし、あの痛みは何だったんでしょう?

朝起きたら、突然でしたからね。
前日、就寝する直前まで、全く何もなかったのに。

う〜む……やはり寝てる間に何にかしでかしたとしか。
痛みとしては、確かに捻挫っぽい痛みだったし、
赤くなって腫れてる様な感じでしたからね。

そこは、いくら薬で抑えているとは言え、
『レム睡眠行動障害』を患っている身。
何をしでかすか、分かりません。

寧ろ、もし何かしでかしてたとしたら、
数日足が痛む程度の捻挫で済んで良かったと、
そう考えるべきなんでしょうかね。

しかし、ここんとこずっと自分の事しか書いて無い……
そろそろ親父さんの介護をしてた時の話も、
書き進めていかないとなぁ。頑張ります。






スポンサーサイト



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

……睡眠障害なめんなよ

今日は可もなく不可もなく……そんな起床でした。
珍しく、しっかり意識がある状態で
目覚ましを止めましたww

って、普段が思いやられるコメなのが悲しい。

ところで、こんな記事を見かけたので、
早速サイトを覗いてみました。

内容に問題ありと指摘されていた
医療情報サイト「WELQ」
専門家の監修を行うと発表

ねとらぼ さんの記事

私は睡眠障害って事もあるので、
取り敢えず、睡眠に関する記事を拝見しましたが……

何なんでしょうね?

ある記事では、社会人の平均睡眠時間が
およそ7時間半と言われている事について、
著名人が3時間睡眠である事などを例として挙げ、
4時間睡眠なら3時間半も得をすると……

で、自分の適切な睡眠時間を見つけてない人なら、
4時間睡眠を試してみてはって事で、
その方法などを紹介しています。

「4時間なんて無理だと思ってませんか?」
なんて煽り文句まで使って。

しかしその一方で、ある統計によると
4時間以下の睡眠の人は、7時間睡眠の人に比べ
死亡率が1.6倍(女性の場合は2倍)になるとか書いたり。

「以下」って言葉の意味知ってます?
「4時間以下」って事は「4時間を含む」んですよ?

と、まぁそこまで言うと足取りみたいですが。

結果、まとめとしては、
無理な睡眠時間の短縮は危険で、
自分に合った適正な睡眠時間を見つけましょうって……

途中「睡眠不足」が自律神経の機能低下になると、
その様な事が書かれてますが、
睡眠時間帯が「不規則」である事の方が、
ホルモンバランス、ひいては交感神経・副交感神経の
バランスが乱れてしまう事になるので、
そちらの方が重要かと思います。

実際、私がそうですから。

ここに書かれてる様に、
無理に4時間睡眠を試すくらいなら、
毎日、自身の睡眠時間、睡眠時間帯を表にする
「睡眠日誌」を付けた方が良いですよ。

それによって、自分が毎日平均何時間程度寝ているか、
何時間寝てる事が多いかが分かります。

また、備考欄に睡眠の状況、日中の睡気、体調などを書き留める事で、
体調が良い日など何時間寝ているのかも分かります。

残業残業で日々無理な生活を送ってる様な人でなければ、
大抵の場合は、その人にとっての適正睡眠時間は分かります。

ヘタにあれこれ睡眠時間を試すなんて事は、
しない方が良いです。

もし時間を掛けて4時間睡眠にしてみたとして、
それが自分にとっての適正時間で無かった場合、
また、時間を掛けて元に戻すんですか?

そんな事ばかり試みる方が、
余程ホルモンバランスを崩し易くなると思います。

また、睡眠に大きく関係するのは、
コルチゾールでは無くメラトニンとセロトニンだったかと。

夜になりメラトニンの分泌量が増加する事で、
脈拍・体温・血圧などを低下、所謂睡眠の準備に入ります。
それにより、身体が睡眠の時間である事を認識し、
睡眠へと向かうのです。

朝、太陽の光を浴びる事により、
メラトニンの分泌量は減少します。

メロトニンという化合物は、
トリプトファンからセロトニンを経て体内合成されますが、
このセロトニンというのが睡眠周期は勿論、
様々な生理機能やホルモンに影響します。

また、セロトニンは感情をコントロールする
モノアミン神経伝達物質の一つでもあります。

なので、睡眠障害などで鬱病の症状が出たりするのは、
メラトニンの分泌が不安定になる事が、
セロトニン分泌にも影響し、感情制御が不安定になるからです。

まぁ、本当に良い質の睡眠を得ようと思うなら、
また、私の様に、睡眠障害とそれに伴う自律神経の乱れ、
これらが引き起こす様々な症状に悩まされたくないのなら、
安易に睡眠時間を弄ったり、試したりしない事だと思います。

そしてそれを安易に推奨しない事ですかね。
睡眠障害って結構大変なんですよぉ……重症化すると。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

目覚まし解除までに約45分かぁ……

急ぎの仕事が入ったため、
3時間程就寝時間が遅れてしまいました。

まぁ、それでも4〜5時間は寝られると、
いつも通りの時間に目覚ましをセットした後、
眠剤を服用し就寝しました。

9時……1回目の目覚まし。

何か鳴ってるなぁ……落ちる。
その後2回目、3回目、4回目と、
それぞれアラーム音は聞こえているものの、
それが目覚ましの音と理解出来ず。

そして最後となる5回目のアラーム。

この時点で、やっとそれが目覚ましのアラーム音と認識。

先ずはCPAPを外します。

ん〜、そう言えばその時、
CPAPが空気漏れ起こしてる様な
シューシューって音も聞こえていた様な……

で、続いてアラームを止めようとします。

普通に電源ボタンかクリアボタンをプチッと押せば、
それで止まる……のですが、
何故かいつも、設定画面を開いては、設定でOFFにしようとする。
しかも、その操作すら上手く出来ない。

まぁ、何たって半分夢ん中ですからw

結局されから5〜10分くらい、
アラームをOFFにしようとして、ずっと何やら弄ってました。
フッと我に返り……と言うか、意識がしっかりしてきて、

「何をしてるんだ私は……」

と、情けなく感じつつアラームをOFFにして起床。

まぁ睡眠時間が短かった分、
いつもより眠剤の影響が残ってる可能性が高いとは言え、
ちょっと今日は寝ぼけ方が酷過ぎましたw

結局、1回目の目覚ましアラームから、
解除・起床までおよそ45分〜50分程度かかりました。

マンガやドラマの「後5分だけぇ〜」ってのとはレベルが違う。
これぞ睡眠障害。さすが睡眠障害。
いや、感心してる場合では無いんですが……

途中、知人から仕事の件で電話が入っていたのに、
そっちには全く反応せず。

……何なんでしょうねぇ?

しかし今日は寒いですねぇ。
お昼にTVを観たら、東京都心でも雪が降ってましたね。

こちらは雪は降ってない様で、時々日が射す事もありますが、
あまりお天気はよろしくない様です。
何れにせよ……寒い!!

今日はこの後買出しに行く予定ですが、
寒さには滅法弱い私……嗚呼、気が重いな。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

現実と夢が交錯する世界……何か聞こえはいいんだけどなぁw

「現実と夢が交錯する」って、
何かアニメのサブタイみたいで格好良いですが、実際は……

目覚ましが鳴った。
気が付いた。
CPAPを外し、目覚ましを解除。起きた。

……つもりだった。

「過去に色々な事があって、あんな考え方に〜」

……何を言ってる、私?

気付いたら、すっかり寝過ごしてました。
どうもまた、現実と夢が交錯した状態で覚醒してた様です。

昨日は、時間より早く目覚めて活動開始した割に、
日中睡気に襲われる事が無かったと思ったら……
今朝はこれですよ。

全く困ったもんだ。
まぁ、楽しそうな夢だったのでいいですけどねw
……いや、良くないのか?






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

もう年だしね、しゃ〜ない。

と、今回の記事では、後半で放送禁止、
俗に言う「差別用語」が登場します。
あくまで、そう言う意味で使用するものでは無いのですが、
不快に思った方がいた場合は、ご容赦ください。

さて、昨晩はいつもより早く就寝し、
今朝はいつもより遅く起床しました。

目覚ましセットするの忘れてましたww

でも、しっかり途中覚醒だけは忘れず、
その際にCPAPを外すのも忘れないと言うね。

そこは、忘れてもいいんだけどなぁ……

因みに、右足の痛みについては、
昨日までと比べ、良くなった感じです。

ただ、昨日買い物などで歩き回った際、
右足の痛みを庇おうと変な歩き方をしたために、
左の足首が痛くなっちゃいましたけど。

そして、実家に立ち寄り、その話を姉貴にしたところ、

「私も最近足が痛い」

の一言に、嗚呼自分もそう言う年になったんだなぁ……と、
ちょっと哀しい気分に。

まぁ、どこかそこかに、色々なものを抱えるってのは、
もういい年なんだから、ある程度しゃ〜ない事ですね。

私の場合、特に足腰に関しては、
若い頃の事故の影響とかもあっての事なので。

自分では全く気が付かなかったんですが、
事故からかなりの月日がたった後で、親父さんから

「お前、歩く時びっこ引いてるぞ」

と言われ、初めてその事に気付きました。
二十歳の頃の事故で、右足を複雑骨折した関係で、
左右の足の長さが違ってしまったんですよね。

なので、端から見るとそう見えたみたいです。

因みに「びっこ」は差別用語らしいです。

言葉の意味としては、単に足を引くと言う意味だったり、
左右で足の長さが異なる状態を意味してるとの事ですが、
その語源だと言われる説の中に、
足の不自由な人が「飛び跳ねて歩く」様に見える事から、

「とびっこ」→「びっこ」

となったという説がある様ですね。

取り敢えず、うちの家族をはじめ周囲の人たちは、
別に差別するとかって気持ちは毛頭無く、
単に「足を引きずる」と言う意味で、
自分に対しても他人に対しても日常的に使用してましたので、
敢えて当時の言葉として、そのまま書きました。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

昨日は緊張の糸がプツンと……で、結果昼間つい横に

例の足の痛みですが、
昨日の朝は、一昨日より痛みが酷くなっていて、
歩くのも辛い感じでしたが、
今日は、少し良くなった感じです。

指の付け根あたりが、少し赤くなって腫れてる感じは、
未だに残ってますが……

睡眠については、昨日やってしまいましたw

一昨日、急ぎの仕事を依頼され、
内容が、ちょっと私が苦手とするイメージのデザイン。
それが急ぎって事なので、ちょっと緊張。

が、昨日になってキャンセルになり、
それはそれで残念なんですが、
別の意味で、ちょっとホッとしてしまつた部分もあり、
それで気が緩んでしまった様で。

キャンセルの連絡が入った途端、
強い睡気に襲われて、どうにも我慢出来なくなって、
つい横になってしまいました。

ここのところ、日中の睡気に関しては、
何とか踏ん張っていられる様になってたので、
ちょっとガックシ。

それの事と、昨晩就寝が遅れた事もあってか、
今朝、また知らない間にCPAPを外してしまってました。
で、起床後暫く偏頭痛。1時間くらいですかね。

この眠っている間に、寝返りとかはともかく、
何やらゴソゴソおかしな行動するのも、
睡眠の質と言う意味で、眠りが浅い証拠だし、
何とか改善しないと……

一応、それ様の薬は服用してるんですけどねぇ。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

一体どんな寝方をすれば、こんな足先に痛みが?

まぁ、寝起きが悪いのは、
睡眠障害や眠剤の影響もあっての事なので、
今更な話なんですが。

今朝は、それとはちょっと違って、
ベッドから出たら、右足先の内側と
左足先の外側がズキズキと痛んで……

左足の痛みは、暫くしたら納まったんですが、
右足の痛みは、今も未だ痛みが消えません。

表面上は特に変わったところは無いんですが、
親指を軽くおさえると、関節の辺りでしょうか?
なんだろう……捻挫した様な痛みって言うんですかね?
そんな痛みでズキズキします。

頸椎と腰椎は持病持ちなので、
場合によって痛みが出てたりする事はありますし、
これはまあ仕方無いです。

また、腕とかを身体の下に敷いて寝てしまった時に、
鬱血したみたいな状態になり、暫く動かせない時とかは
時々あったりしました。
これはまぁ、腕枕とかで手がしびれる的なものですし、
まああまり頻繁だと問題なんでしょうけど、
そうしょっちゅうそなる訳でも無し。

一度、腰椎椎間板ヘルニアの関係で、
左足先が末梢神経麻痺を起こし、
数日間動かせなくなった事はありましたけど……

今回の様なつま先の痛みは初めてです。

う〜ん……別に足を組んだり重ねたりして寝てた訳でも無し、
何が原因と言うか、一体どんな姿勢で寝てたんだろうか?






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

今後は半年に1回、血を抜かれる模様

先週の金曜日、定期受診に行ってきました。

で、例の年1回行なっていた血液検査の件で、

「6月頃に一度しましたど……」

と、担当医に話をしたら、

「もう半年になるから、定期検査です」

と言われました。
……今まで年1回でしたけど?
それも、担当医の方が忘れてる事が多かったんですがw

要するに、今後は半年に1回血液検査を行なうそうです。
で、検査用に注射器3本分の血を抜かれてまいりました。
結果は、次回の定期受診時となっております。

さて、それとは別になりますが、
毎回提出してるCPAPのデータに関して、
興味深い結果が出てました。

CPAPが空気漏れを起こしている場合、
それがグラフにあらわれます。

まぁ、今までもチョコチョコ空気漏れが発生しており、
先々月だったかその前だったかは、特に酷かったです。

ただ、寝入る前とかに、寝返りなどして横向きになった際に、
よく空気が漏れる事があり、
その都度、マスクの位置などを直したりする事があり、
そのせいではって話だったのですが……

今回、先月末のある特定の日以降、
空気漏れがほぼ無くなっていました。

それで担当医から、

「この日に何かありました?」

と聞かれたんですが、
特別何かした記憶は無くいつも通り。

「いやぁ〜、特に何も。いつも通りたったんですが……」

二人で暫く首を傾げてましたが、
ふと、ある事を思い出しまして。

「そう言えば、以前と比べればって前提ですが、
 最近、途中でCPAPを外す事が少しだけ減った様な気が……」

最近、朝まで装着出来てる事が、
それこそ先に書いた通り、あくまで以前と比較してですが、
増えてきた様に思います。
その話を聞いた担当医が、

「嗚呼、成る程。それが理由かも知れないですね」

……と。
要するに、CPAPを外してしまう際、
薄らとでも外した事を覚えてる時とかは、
大抵電源スイッチをOFFにしてから外す事が多いのですが、
どうもそれ以外の無意識もしくは忘れてしまっている場合とかに、
電源スイッチをOFFにし忘れてたり、
マスクを外してからOFFにする事もある様で。

実際、電源が入ったまま外して放置してた事があり、
気付いたらマスクからシューシューと音がしてた事が。

仮にスイッチをOFFにしてたとしても、
先にマスクを外してしまっていれば、
当然ですが、スイッチをOFFにするまでの間は、
ずっと空気が漏れてる状態になる訳です。

担当医曰く、恐らくそれが原因だろうと。
私も、そう言われて納得したんですが、
後々になって考えてみると、少し違う気が……

最近、寝返りを打つ事が減った様に思います。
それで起きた時、頸椎や腰椎が痛む事が。

思い返すと……

夏場の暑い時期は、
お腹の上に毛布やタオルケットを乗せるだけで、
朝晩冷え込む様になってからも、
暫くは、毛布だけ被って寝ていた様な気がします。

掛け布団をしっかり掛けて寝る様になったのは、
ごく最近だった様な……で、
掛け布団を使う様になってから、
理由は分かりませんが、寝返りする事が減った気がします。

たかが掛け布団で、寝返りが打てなくなるとは思いませんが、
元々、就寝時には導眠剤の他、
『レム睡眠行動障害』を抑制するために、
身体の運動機能を抑制する薬も服用しているので。

それに掛け布団を使い出す前は、
最初から横向きの状態で床に就き、
そのまま寝付く事が多かったんですが、
掛け布団を使う様になってからは、
仰向けのまま寝付く事が増えた様に思います。

むむっ……ひょっとして、それが理由か?

と、因みに今朝は、早朝に一度覚醒してしまい、
一旦起きたて30分程度ボーッとした後、再び就寝。

目覚まし(携帯)で起床はしたものの、
起床時に、目覚まし(携帯)の設定をOFFにするのに、
何やら色々悩んでました。
何を悩んでいたのかは自分でも分かりません。

設定をちゃんとOFFに出来るまでに、
結構な時間が掛かっていたと、それは何となく記憶してます。

先日は、CPAPの電源をOFFにする際に、
色々悩んでましたけど、一体何を悩んでいるのやら……
起床時の寝ぼけ具合には、自分でもホント困ってます。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

「自死は地獄の入り口」か……微妙ですね

私はどんな宗教も信じてないのでアレですが、
これは何とも微妙な話ですね。

島根県津和野町という町が出してる広報誌、
「広報つわの」の2016年11月号で、
こんなコラムが掲載されたらしいのですが……

2016年11月号広報つわの
※画像は 広報つわのpdf よりスクショ

う〜む。何とも微妙ですね。

この町では、行政と医療機関が連携し、
「津和野町自死防止ネットワーク会議」という取り組みを
行なっているらしいのですが、
それに参加してる医師によるコラムなんだとか。

で、問題になったのが
「自死は地獄の入り口」
と言う文言だそうです。

この文言に対して、自殺した遺族が組織する
自死遺族自助グループ「しまね分かち合いの会・虹」
と言う団体が抗議して、町側が謝罪したそうです。

ん〜、私が微妙だと思うのは……

先ず、町が出してる広報という点で、
公的機関が発行する雑誌の中で、
一宗教に基づく死生観で語るのは、
どうなのかなって点が先ず一つです。

また、釈迦自身の言葉として、
「自殺すると地獄に落ちる」とは言ってません。

自殺しようとした女性を見つけた際、
牛車をひく事に苦しんでいた牛の話に例えて、
その女性を諭した事はありますが。

但し、この話の中で“後生の一大事”
と言うものについての話をしています。

これは、死ぬ事により肉体から開放され、
今受けているこの世の苦しみから開放されたとして、
死ねばもっと恐ろしい苦しみの世界へ入り、
その苦しみは、この世のどんな苦しみよりも大きくて深い。
そして、それは万人にあるもの……と言うものだとか。

これが現在の仏教で言うところの“地獄”に当たるのかどうか。
それは私には分かりませんが、
少なくとも、途方もない苦しみが待っていると。

尚、釈迦自身が言ったのかどうかは知りませんが、
仏教において自らが死を選択する条件があるらしく、

悟りを開いた者が、その智慧をもって
自ら死を選択するしか無いと判断した時

と言う事ですが、どういう意味かと言うと、

病気や怪我と言った特別な事情によって耐えがたい苦痛に襲われる。
そして、それが回復の見込みがない様な場合

そう言った特殊な事情がある場合には、
自ら死を選択する事も止むを得ないって事みたいです。

まぁ、宗派や各僧侶によって、色々な見解・解釈がある様ですが、
少なくとも、先に書いた通り、
仏教では「自殺→地獄行き」という事は無い様ものの、
「後生の一大事」はあるって事ですかね。

尚、キリスト教では自殺は大罪とされ、
かつて自殺者は教会の敷地に埋葬されなかったり、
自殺者の遺族までが罰を受けるなんて時代もあった様ですが、
そもそも聖書自体には、自殺を禁じる文言はありません。

その昔、殉教者が多発した事があり、
それを食い止める手段として、その様な話が作られたらしく、
その為か、宗派などにより、こちらも今は色々な解釈がある様です。

今回の話は、ある意味それに近い話……
そんな気がしなくもないです。

私個人は、自殺と地獄の関係について、
そもそも宗教自体を信じてないので、
何を書いてあろうと別に平気ですし、関係無いと思ってます。

何せ、お袋さんが亡くなった際、
葬儀などの仏事に関し、お坊さんと口論したくらいですから。

私が、今回の件を“微妙”と表したのは……

先に書いた通り、公的機関の発行する冊子
という点についての問題はありますが、
一宗教のでは無く、一個人の死生観を述べたコラムと言う事で、
公的機関の冊子であっても構わないと仮にした場合、
どんな生死観を持つかは、個人の自由だと思っているので、
その事に他人がとやかく言うのもおかしな話だなと。

また「地獄」と「後生の一大事」と言う事で、
言葉の違いはあるものの、
死後に大変な苦しみが待っていると例えて諭した……
と言う意味では、釈迦と何ら変わるものでは無く、
あくまで、自殺を思い止まらせるための方便に過ぎません。

そんなたかが方便で言った事に
イチイチ目くじらを立てるのもバカらしく、
そんな話、戯れ言としてスルーしてしまえばいいのに……と。

まぁ、それは私が不信心者だから、
そう思う、思えるのかも知れませんが。

だから“微妙”と言う表現になりました。

私は、“自殺”とそれに必要な“勇気”“度胸”って、
物凄い“エネルギーが必要”な事だと思っています。

それだけの“勇気”と言うか“エネルギー”があるんなら、
ぶっちゃけ何だって出来る……と、その様に思います。

因みに、自殺には苦痛から逃れようと言う自殺願望と、
漠然と死にたいと思う希死念慮があります。

アルコール依存や麻薬などは勿論、治療薬などによっても
自殺の要因となる場合もありますし、精神疾患による場合とか……

とにかく自殺、自傷行為には、社会環境的な要因を始め、
様々な事が要因に、そしてそれらが複雑に絡み合ってる、
そう言った場合も多々あります。

個人的には、単なる人生相談的な取り組みだけでなく、
もっと精神科、心療内科の医師が積極的に関与し、
医療面からのアプローチ、予防にも努めるべきではと、
そんな事も思います。

特に日本って、精神科などに対し、特に田舎など地方では、
未だにあまり良い印象を持ってない……そこも問題だと思います。

精神を病む……それは誰もが陥る可能性がある病いであり、
決して恥ずかしいものでは無いと言う事。
そこも、もっと広く社会が理解する必要があるかと思います。






テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

今日は定期受診日。色々忘れない様にしないと……

今朝は、目を覚ました時、
既にCPAPがベッドの上に転がってました。
外した記憶は全くありません。

一体いつの間に……

因みに、就寝時間は予定より1時間半遅れ。
起床は逆に30分前での起床でした。

そして本日は、月イチの定期受診の日。
しかし、本当に血液検査するのかなぁ……まぁいいけど。

定期受診の際は、いつもCPAPにセットしてある
スマートメディアを持参し、
その記録を元に診察を受ける訳ですが、
極たまに持って行くのを忘れてしまう事が……

それとお薬手帳。

診察券は忘れた事無いのに、
スマートメディアとお薬手帳だけは、
どちらかをたまぁ〜に忘れてしまう事があります。

まぁ、大抵そう言う時ってのは、
他事に気を取られ過ぎて支度するのが遅れ、
結果、バタバタと慌てて出掛ける時に限ってなんですけどね。

やっぱ何事も慌てるのは良くないですな。

ここの所寒い日が続いているし……と、
今日はまだ暖かい方ですが、
診察の予約時間の関係で、診察が終わる頃は、
恐らく日が沈むか沈まないかって時間。

さすがにその時間ともなれば冷え込むでしょうから、
せっかく購入したんだし、イヤーマフとか手袋とか
防寒具も持って出掛けようと思います。

で、防寒具だけしっかり持って、
肝心のメディアを忘れたぁ〜とか、
そんな事が無い様にしないと。



↑↑↑主治医が見つかる診療所でお馴染みの
   医師推薦長寿ホルモン成分サプリです。



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR