FC2ブログ

介護の業界は給与より、一人にやらせる事があまりにも多過ぎて、その負荷が問題かと

うちのお袋さんも通所でしたが、
施設にお世話になりました。

親父さんは、通所リハの後、
特養にお世話になりました。

あの業界もデフレスパイラルみたいなもので、
なかなか抜け出せないですね。

親父さんも姉貴もよく言ってました。

「いつも求人出してる」
「また辞めた」

などなど……

介護施設の夜勤労働、
「手当」も「休憩時間」もなく辛い…
そんな扱いは違法?

ニコニコニュース/弁護士ドットコム さんの記事

私は、自身の労働環境の件で、
会社側と争った事があります。
その際に、色々労基法などについて調べました。

なので分かりますが、これは弁護士さんの言う通り、
介護施設などに限らず違法です。

労働対価が低過ぎるって事もありますが、
とにかく一人の介護士さんが
やらなきゃいけない事が多過ぎる気がします。

担当する一人一人の日常、毎日の健康状態の把握や、
それらをメモなり書面にして家族に逐次報告したり。

また、施設の催し物の案内だったりスケジュール表だったり、
そういったものも作ったりしなければいけない。

イベント事に使用する道具やら何やらも、
全て自分達で用意しないといけないし。

特に認知症のお年寄りの面倒をまるのは、
病気なんだと頭では理解してても、
なかなかどうして、大変な事です。

そんなヘトヘトな状態で、
質の高い介護なんて出来る訳が無いし、
辞めたくなるのは当たり前です。

で、次から次へと人は辞めて行く。
そう言う話が広がる中で、当然人は集まらない。
結果、一人当たりの負担は更に増える……

本来の介護とは関係の無い雑務、業務などは、
多少出費してでも外部に委託して、
介護士さん達が、本来の業務に専念出来る環境を作る。

単に給料の問題だけで無く、
と言うか、いくら給料が良くても、
精神的・肉体的な限界ってもんがありますからね。

そう言う面での改善、効率化なども
施設側としては考えていかないと
ダメなんじゃないかなぁと思います。

まぁ、口で言うのは簡単で、
実際は色々大変なんだろうなとは思いますが。

親父さん、お袋さんの件で、
介護施設に限らず、病院などもそうでしたが、
設備などが充実してたり、
しっかりした医師や看護士、介護士、療法士さんがいても、
そう言った、何て言うんでしょうね?
管理面と言うか、仕組みと言うか。

そう言う部分は一般企業、
場合によっては中小企業よりも遅れてたりする……
そんな事はずっと感じてました。







健康と医療(全般) ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

親父さんだけでなく、お袋さんの通院のフォローもあったんですよね

そう言えば、転院前から、
親父さんが完全看護の病院に対して、

「完全介護じゃないぞ」

とか、1日休む以外は毎日行なってたリハビリなのに、

「リハビリも毎日じゃない」

とか言ってましたが、当初は早く帰りたいだけの
ワガママじゃないすかとか姉貴と話してましたが、
今考えるとあの時点で、既に脳血管性認知症の症状が
出始めてたのかもしれないですね。

と、親父さんの事もまぁ色々あったのですが、
うちの場合、お袋さんも色々あったんです。

お袋さんの場合は、
腰椎椎間板ヘルニアと膝の変形(?)と、
2つの問題を抱えていて、
腰椎の方は、然程悪化する事は無かったんですが、
膝の方がどうも具合があまりよくない。

普段外出時には4点杖を使用してました。
その件で隔週で通院してました。

当然、これまでは、
病院へ連れて行ったり付き添ったりは、
全て親父さんがしていた訳ですが、
親父さんがこうなってしまった以上、
我々姉弟が連れていかないといけない。

但し、姉貴は免許はあるがペーパードライバー。
証明用にと随分昔に取得したものなので、
この時には既に、車の運転は全く出来ない状態。

それに病み上がりな上に元々喘息持ち。
更に緑内障も患ってるし、腎臓は片方機能してないしと、
あまり無理させるのも気が引ける。

そうなると、私か弟って事になりますが、
弟の場合、義妹の件があって自分ちの事で手一杯。

と言う事で、こっちの方も私が主に動く事に……

しかし、ちょっと話が逸れますが、
あの手の注射って結構痛いとか言いますね。

中学の頃、膝に溜まった水を
注射器で抜いたって同級生がいましたが、
死ぬ程痛かったとか言ってました。

まぁ、うちの家系は親父さん以外、
痛みに強い体質なのであまり問題は無いのですが。
お袋さんもあまり痛そうな表情してなかったですし。

私は膝に注射って経験は無いんですが、
腰椎と脊椎へのブロック注射は経験あります。

脊椎の時は……別の意味でビックリしましたねw
いや、痛みについては、言う程の事無かったんですが、

「ちょ〜っと痛いんで我慢して下さいね」

と、担当医が言った瞬間、両側から二人の看護士さんに
ガシッと身体を押さえ付けられました。
注射より、その行為にビビったわww

でっと、話をまた元に戻しまして……

当時は自宅と職場がある街から実家まで、
車でスムーズに行けて、片道約1時間前後。
お袋さんり病院は数分でしたが、
親父さんの病院までは更に片道20〜30分。

しかも親父さんの病院には、時間的な制約がある。
この状況は……結構きついなぁと。

嗚呼、それともう1点。

これは病院によって色々な手段があると思いますが、
親父さんが転院した病院では、
病院側から身内に連絡事項がある場合、
ベッドのわきに設置された棚に、
メモを貼っておくという事になってました。

何てアナログなとは思いましたが、
これがまた後々厄介な事になりまして……

と、取り敢えず今回はこの辺で。







健康と医療(全般) ブログランキングへ

テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

リハビリ開始と同時に、身内にもすべき事がてんこ盛りだった

親父さんが倒れて約1ヵ月が経過した時点で、
いよいよリハビリ専門の病院に転院。

転院の当日……見事に寝坊しましたw

当時はまだ、睡眠障害の治療とかはじめる前だったので。
って、今もまだ治療中なんですけどね。

で、親父さんの転院当日だったかな?

肺炎で入院してた姉貴が、
やっと検査の結果退院する事が決定。

で、当日私はと言うと、一旦実家に立ち寄って、
入院費などをお袋さんから受け取り、
転院前の病院で各種手続。

義妹の方はと言うと、
視神経脊髄炎(当時は多発性硬化症の診断)で、
長期入院と言うか、いつ退院出来るかすら分から無い。

って事で、親父さんの転院には、
弟が時間を作って付き添ってくれました。

さて、いよいよ本格的に
親父さんのリハビリが始まる訳ですが、
色々勉強になる事が多かったです。

と言うより、親父さんの帰宅に備え、
平行して勉強しなければならないって感じでしたが。

先ず、入院中は朝と晩に必ず着替えを行ないます。
これは時間感覚を忘れさせないためです。

身体障害者の人は、どうしても外出する頻度が低くなります。
寝たきりともなれば、1日中ずっと室内にいる訳です。

そのため、1日という感覚が損なわれていきます。
そうすると、私の様な睡眠障害になったり、
或いは鬱病などになったりしてしまいます。

それらを避けるために、必ず着替えをさせるんだそうです。
そうする事で、朝なのか夜なのかって事を
身体が忘れない様にさせるんだとか。

また、手に障害が出てる様な場合は、
ボタン付きの衣類は避け、
チャックで開閉するものとか、
マジックテープで止められるものを用意します。

勿論、ズボンなどもベルトで止めるものでは無く、
ゴムのものを用意する必要があります。

まぁパジャマはともかくとして、
日中に着るものならジャージとかで問題無いです。
うちの場合、ジャージとか持ってなかったので、
結局はそれも購入する事になりましが。

そこそこの衣料品店なら置いてると思います。
分から無い時は、お店の人に事情を説明すれば、
色々教えてくれると思いますよ。

ただ……私は実家の近所にある衣料品店で、
こういったものは全て用意できましたが、
元々高齢者が多い田舎町って事もあっての事かも。

しかし最近は、ホームセンターとかショッピングモールでも、
介護用品コーナーやテナントがあったりしますので、
そちらに問い合わせれば、まず問題無いかと。

あと、大きめの前掛けも必要になります。
これは、手もしくは口に障害がある人って事になりますね。

食事の際、どうしても手が不自由だと食べ物を
こぼしたりしてしまいます。
また、口が不自由な場合も同様です。

それと、こういった衣類などの洗濯についてですが、
病院側でも費用を払えば洗濯してもらえますが、
可能な限り、身内で行なって下さいと。
本人が帰宅後の生活を考えての事になります。

退院した後、実際に世話、介護するのは身内ですからね。
そのために必要な身内側の訓練って事ですね。

ただねぇ。そのためには週に何回か
病院に通う必要があるんですが、これがなかなか大変で。

先に書いた通り、時間感覚をしっかり維持させねばならず、
その為、就寝・起床の時間に厳しいんですよね。
だから、夜間に行くのも早い時間じゃないとダメ。

って事で、後々仕事との絡みで厄介な事になる訳です。
まぁ、その話はおいおい。







健康と医療(全般) ブログランキングへ

テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

ここ数日何だったんだって言うくらい、今日は快調です

今日は、ここ数日が嘘の様に
鼻の調子が絶好調です。

昨晩も、問題無くCPAP着用で就寝出来ました。
と言っても、また起床直前(?)くらいに
外してしまった様ですがw

左手の方はまだ少し問題残ってますが、
小指とかかなり動く様になってきました。

一昨日は、鼻のグズ付きが酷くて、
就寝時間も遅れるわ、CPAPも着けられないわと、
睡眠に関して散々だった上に、
その影響で起床時間が遅れてしまったために、
仕事の件でも少し穴を開けてしまいました。

今日はやらなきゃいけない事は、
とっとと片付けて、早目に就寝しよう。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

風邪かなと思ったらとっとと休んで治す……それが一番かと。

昨晩は、結局CPAP無しで就寝しました。
そのせいですかね。
起床後、暫くは偏頭痛が続きました。

今は、偏頭痛も治まりましたし、
鼻の具合も今日は良い感じです。

鼻ティッシュして就寝してたんですが、
目が覚めた時には、外れてました。

尚、あくまで私のこれらの症状は、
風邪によるものではなく、
無呼吸による血中の酸素飽和度低下(偏頭痛)と、
自律神経の乱れ(鼻水)が原因です。

「38度の熱でも出社」55% 
「日本ブラック」と話題

ニコニコニュース/R25 さんの記事

う〜ん……社会人になってからは、
大した風邪とかひいた事ないからなぁ。
記憶にあるのは、39℃以上の熱が出た事が
2〜3回あったくらい……ですかね。

20年以上会社員やっててそんなもんでしたが、
……多いですか? ww

私の場合、風邪のひき始めが分かり易かったので。

先ず、皮膚が妙にヒリヒリと痛い様な感覚がしてきます。
その感覚が現れると「嗚呼、これは風邪だな」と。

高熱となる場合には、
更に底から節々に痛みが出始めます。

それで今度は「嗚呼、熱が出るな」ってw

そう言う感覚が出始めたら、
出来るだけ早く帰宅して休む様にしてたので、
大体次の日には、スッカリ元気になってました。

確か1度だけは、朝起きたら突然の高熱で、
出社するかどうか迷ったんですが、
納期の無い急ぎ仕事を抱えてた事もあって、
出社前に病院に寄り1本注射してもらって出勤しました。

まぁ、当時はまだ私も“社畜”だったのでww
但し、解熱剤ではなく栄養剤的なものを射ってもらったと、
その様に記憶してます。
解熱剤は、使用する時期を間違えると、
帰って風邪を長引かせ、逆効果になる事がありますから。

同じ体温であっても、基礎体温の違いとかあるし、
それによる体調の変化にも個人差がありますからね。
一概には言えませんが、私なら……今は休むと思います。

勿論、先に書いた通り、ひき始めの段階で手を打って、
とっとと治すにこした事は無いんですが。

私の場合、本格的に風邪をひいてしまうと、
それが微熱であっても、結構な偏頭痛が起こります。
これは、幼少の頃からずっとです。
基礎体温が低いって訳では無かったんですけどね。

と言う事で、多分仕事にならないと思うので休みます。
それに、人にうつしてしまうってのもイヤですしね。

無理して出勤してズルズルと風邪を長引かせ、
その間非効率な仕事を続けるよりは、
1日スパッと休養して、とっとと治した方が良いと思います。

そう言えば、今でも不思議に思うのは、
幼少の頃は別にして、社会人になってからの風邪は、
全て夏場だった様に記憶してます。

体質的な問題なのか生活環境の問題なのか、
原因はよく分かりませんが。

ん〜、やっぱ生活環境ですかね?
仕事で無理して免疫力が低下した事が原因かと。
それに、冬場は逆に注意深くなりますしね。

まぁ、何れにせよひき始めに注意して、
あれ?っと思ったら、早目に身体を休めてとっとと治す。
これが一番だと思います。







健康と医療(全般) ブログランキングへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

……ここ数日では最悪の鼻具合です……ヘックショイッ!! ちくしょうべらんめぇ……

昨晩から、少し怪しげではあったんですが、
就寝中はなんとか。

しかし……起床後はもう大変で、
ホントここ数日では、最悪と言っていい状況です。

あれ? 鼻水が垂れてる?

と、思ったらクシャミが止まらなくなり、
マスクをしてみたものの、
マスクの中が鼻水と飛び出したタンやら何やらで
えらい状態に……

慌ててマスクを交換し、
鼻ティッシュでカバーしてみるものの、
ティッシュでも吸い切れず、クシャミも止まらず……

クシャミは、時々立て続けに出るものの、
どうにか治まってるんですが、
鼻水は、この時間になってもなお、止まる気配はありません。

これ……今日はCPAPして寝るの無理な気がします。

一昨日だったか昨日だったか……
使い始めたティッシュが、ほぼ1日で空になってしまった。

今日たまたま買出しに行く予定にしてたので、
またパックで購入してくましたけど……

買出しに行ってる最中も、
マスクの下では鼻がグスグスいいっぱなしでした。

マスクの下ではダラダラと鼻水垂らしてるなんて、
誰も想像つかないでしょうけどねww

って、笑ってる場合じゃ無い。
鼻がね、ヒリヒリと痛いんですよ(泣
ティッシュの使い過ぎで……

高級なティッシュなら、そんな事って無いらしいですね。
そんな高級ティッシュをバンバン使えたらいいんですが……

そう言えば、こんな記事を読みました。

"花粉の時期あるある"を調査
「ティッシュを鼻に詰めて仕事」は6割

ニコニコニュース/マイナビニュース さんの記事

私の鼻水とクシャミの原因は、
花粉症ではありませんが……気持ちはよく分かります。

ティッシュを鼻に詰めて仕事をしたことがある……61.2%

以外に多くて安心しました。私も職場でよくやってました。
ただ、私の場合少々都合が悪い点もありまして。

花粉症の人って、まあ個人差はありますが、
基本的に花粉が飛ぶ時期にみんな酷くなるので、
マスクとか鼻ティッシュとかも、
みんなと重なる訳じゃないですか。

要するに、周りも似た様な人が結構いる。

でも私の場合、原因が花粉では無いので、
あまり時期とか関係無くやってくるんですよね。
勿論、時にはたまたま重なるって事もありはしますが。

だから、職場で鼻ティッシュとかマスクとか、
一人だけ浮いちゃうんですよねぇ、悲しい事に。

しかし……やっぱそうなのか。

肌に優しいティッシュを使う……54.9%

ですよねぇ。
やっぱ、いいティッシュ使うべきだよなぁ。

取り敢えず、今回購入したティッシュは使い切ろう。
いや……使い切る前にグズグスよ、治まってくれいっ!







健康と医療(全般) ブログランキングへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

SNSでの誹謗中傷って、人んちで毒をまき散らすのと変わらん気がするんだけど……

あくまで個人的な意見ですが、
『性同一性障害』「病気」だと思ってます。

GENKING、性同一性障害を告白
「勇気を出す事で変わる気がする」

ねとらぼ さんの記事

GENKINGさんに対するSNSでの誹謗中傷と言うのは、
「病気」発言が原因なんですかね?

私は、命に関わる重篤な病気だったり、
或いは治療が必要な必要な障害では無いと言うだけで、
正常な状態では無い……と言う事に変わりは無いと思ってます。

勿論、メンタル的なケアが必要な場合もありますし、
そう言う場合の治療は別にしてですが。

また、ホルモン注射や整形外科的な方法などは、
ある意味治療の一つだと思ったりもしますが。

ただ、これらの方法は、身体的な健康上の問題と言うよりは、
メンタル面の問題に対してって意味合いが大きい様に思います。

だから「病気」発言を理由に誹謗中傷するってのが、
私はそう言う考え方の人なので、その行動が理解出来ませんね。

と言うか、SNSとかで意見交換したり、
議論するとかってのは、まぁそれなりに分かるんですけど、
誹謗中傷とかって……相当ヒマなんですね。

SNSでの誹謗中傷って、
わざわざ人の家に行って部屋に毒まき散らしてる様なもんだと、
そんな事も思ったりするんですが……

相手が著名人、準公人だからって理由で、
何しても許されるって訳では無いと思うんですが。

それとも、この記事の内容って意味が違うのかな?

「ユニセックス系」と言い続けた事に対しての誹謗中傷が多かったから、
「病気」と言った方が楽……そう言う意味なんでしょうか?

それはそれで、誹謗中傷するってのは分からんですね。
「ユニセックス」とか「マニッシュ」は、ただのファッションなんで。

子供の頃の話については、理解が追いついてない部分もあるし、
それ故大人が考えてるよりも、子供って残酷だったりしますからね。

子供であるが故に、社会的な情報や知識が決定的に足りない訳だし、
そう言う点で、大人よりも自然と言うか野生の思考に近いでしょうからね。
そこは、経験なり教育なり、生活環境での影響が大きいかと。

いやぁ、大人社会に負けず劣らず、
子供社会ってのも、それなりに難しいって事ですかね。

因みに私は、『同性愛』と『性同一性障害』は、
必ずしもイコールでは無いと思ってます。

そこは、ちゃんと区別しないとダメかなと。
で、どちらかと言えば『同性愛』に関しては否定的な考えです。

ただ、私個人はそう言う考えの持ち主ってだけで、
別に『同性愛者』のブログだったりTwitterだったりに出向いてまで、
その人を誹謗中傷したり非難したりする気は無いですけどね。

別に犯罪を犯してる訳でもあるまいし。
嗚呼……まぁ、宗教的には“罪”になる場合もあるのでしょうが、
私は基本「無宗教」なので。







健康と医療(全般) ブログランキングへ

テーマ : その他
ジャンル : その他

ある意味、楽しい1日の始まり方……と思う事にしましたw

また知人から仕事の件でヘルプの要請。
でも、今回は大至急と言う程でも無く、
前回の反省を生かして、あまり無理しない様にしたいです。

鼻の件は、まだ多少奥にヒリヒリ感はあり、
気が付くと、鼻の下にしっとりと……って感じですが、
グスグズダラダラって感じでは無くなってきたので、
少し安心しております。

左手の指の件も、少しずつですが戻りつつあります。
ただ、親指と小指の他に、
人差し指も力が入りにくい状態だと言う事が分かりましたが。

昨晩はと言うと、
ー起床予定の2時間程前に途中覚醒した際、
鼻がグズついてた訳では無いのですが、
鼻づまりを起こしてしまっていて、
鼻呼吸が出来なかったため、
今回はやむを得ずCPAPを外して再就寝しました。

まぁそんな日もあります。
その後、4回目くらいの目覚ましに反応し、
一度は覚醒しましたが、
目覚まし音を止める事が何故か出来ず。

何かまた、色々弄ってました。
「何で音が止まらないんだ?」と、
ずっと悩みながら弄ってた記憶があります。

結局、自力で止める事は出来ず、
時間経過で自動で止まりました。

で、安心して寝ると言うねww
おいおい、今の目覚ましだぞ。寝てどうするよwww

と、そんなこんなで、今日も楽しい1日の始まりでした。







健康と医療 ブログランキングへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

薬の副作用(健忘)なのか寝ぼけてるのかうっかり者なのか……自分でも分からなくなってきたw

今日は、ここ数日で一番鼻の具合がいいです……今のところはw
どうも、鼻水の件は、
部屋の乾燥が原因なんじゃないかって、
最近そんな気がしてきました。

やっぱり加湿器とか、ちゃんとした方がいいのかなぁ。

しかし、途中覚醒した際の記憶が曖昧なのは、
まぁ薬の副作用の事もあるし、
夢見状態って事もあるので仕方無いとして、
起床直後の記憶も曖昧ってのは、
う〜ん……ちょっとどうなんでしょうねぇw

今日は目覚ましで覚醒。
と言っても最初のコールから3回目の
目覚まし音だったかと思います。

で、残りの目覚ましのセットを解除し……落ちましたw
起床時に携帯画面がそのまんまになってましたね。

問題は、CPAPの方。
睡眠記録をつける際に「アレ?」って。
起床した時に外したか、途中覚醒時に外したか……覚えて無い。
いくら何でも、起床した時の事くらいはって思いますが、
これが、結構たまにあったりします。

まぁ私の場合、起床直後も暫く夢見状態だったりするのでw
今日も今日で、目がめてから暫くの間、
「◯◯に任せておけば、自動的に起動して〜」
と、どうやら何かが私を起床ならぬ「起動」させてくれるとww
そんな事を考えていた記憶が、薄らと残ってます。

それとは別に「うっかり者」の側面もありまして。

先日も実家に立ち寄った際、
部屋の鍵が無いと、大騒ぎになりました。

結果的に、買い物に立ち寄った際、
荷物をリュックに詰め込む際に、
手に持ってた鍵をリュックの中に落とした様で、
リュックの底から出てきました。

これは車に乗ってた頃からのクセなんですが、
駐車場、今回の場合は駐輪場ですが、
そこへ向かう途中で、先ず鍵を手に取ってしまうんですよね。

まぁ、車の場合はドアを開けたりしなければいけないしで、
仕方無いと思うんですが、自転車は別にその必要は無い訳です。

勿論、チェーンを外す必要はあるんですが、
そんなのは、荷物をちゃんとリュックに入れてから、
あらためて取り出せばいい話で。

う〜ん、クセってのは怖いもんですね。
CPAPを外してしまうのも、
ここまでくるとクセになりつつあるんでしょうかねぇ。
もしそうだとすると、厄介なクセが付いてしまったもんだ。

因みに、指先の麻痺の件ですが、
少しずつ、稼働範囲や力が入る様になってきました。
と言っても、完全復調と言うにはほど遠いですが。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

今度は右の鼻……溢れ出る無限の鼻水

ここ数日、ずっと左の鼻がグズついてましたが、
今日突然右の鼻が……

起床後、クシャミは割とすぐに治まりましたが、
鼻水が止まらない。

これはと、必殺鼻ティッシュしてみたものの、
ティッシュでは吸収しきれない模様。

鼻につめたティッシュの先から、
さらにボタボタと垂れ流れてきてる状態です。
またしてもティッシュの山が!

何か事情を知らない人が見たら、
変な勘違いでもされそうですww

今日はこれからいつもの買出し。
それに頼まれものがあって、
実家にも立ち寄らないといけないし、どうしたものか。

勿論、マスクは着けて出ますが、
マスクの下でも鼻ティッシュしておいた方が
無難な気がします。

嗚呼、でも鼻ティッシュから溢れでるから、
結局マスクにも浸透して……

溢れる出る鼻水に対する溢れ出る思い……
くだらない事言ってる場合じゃなかった。

尚、今朝は予定よりかなり早い時間に覚醒し、
そのまま寝ればいいのに、
何故かまた、CPAPを外してしまいました。
記憶はあるけど、外した理由が自分でも分からんと言うね。

その後、目覚ましには全く反応せず。
メールの着信音で目が覚めましたが、
メールを確認してる最中に、
うっかり携帯をベッドの下に落としてしまい、
仕方無くベッドから出る形で起床しました。

時計を見たら……ちょっとビックリww

就寝中、そんなこんながあったせいか、
起床後、鼻水の件以外に暫く偏頭痛がありました。
血中の酸素飽和度低下……ですね。注意しないと。

と言っても、無意識での行動だったりするので、
何とも手の打ち様が……困ったもんだ。

ともあれ、今はこの鼻水の垂れ流し状態を
どうやって誤摩化して(隠して)外出するか、それが問題です。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR