FC2ブログ

睡眠障害の人は、ストレスや不規則生活が食生活にも影響してたりします。

まぁ、そうなりますわね。

NHK「ガッテン!」が公式サイトで謝罪
「糖尿病に睡眠薬が効く」と放送した件で

ねとらぼ さんの記事

謝罪文の中で、

・糖尿病の背景の1つに睡眠の問題があることをお伝えするのが、番組の趣旨
・睡眠薬で睡眠障害が改善されると血糖値も改善されるケースがある

と言う事を伝えようとしたのが、表現の仕方が過ぎた、悪かったとの事ですが、
確かに、糖尿病の要因として研究がされてはいますが、
まだそのメカニズムがちゃんと解明された訳でもなければ、
直接の要因であるのかどうかも不明です。

私の場合、3つの睡眠障害を患っています。

1つは睡眠時無呼吸症候群。
もう1つは概日睡眠ノズム障害(非24時間睡眠覚醒リズム症候群)。
そしてレム睡眠行動障害の3つです。

特に、概日睡眠リズム障害の人の場合、
不規則な生活リズムを続ける事がその主な要因です。
なので、食生活も不規則だったりする事が多いです。

私も生活時間が乱れまくってました。
1日の食事は、帰宅後の1食のみ。
しかも、家にはほぼ寝るために帰るだけって感じだったので、
就寝前にたらふく食べてすぐに寝るって感じでした。

起きたら、食事する間も無く、
そのままシャワーを浴びて直に家を出る。
昼食は、その時々の仕事の進捗状況によって食べたり食べなかったり。
そんな生活でした。

結果、脂質異常(高脂血症)になってしまいました。
それはそれで、睡眠障害の治療とは別に、
脂質の吸収を抑える薬を処方されてます。

薬の効果なのか、既に治ったのかは不明ですが、
今のところ脂質、コレステロールに関する数値は正常の範囲内です。

勿論、担当医からは食生活も改善する様言われており、
食事には気を付ける様にしてます。

糖尿病は遺伝的な要因もありますし、
別の病気に罹患してる事による病変として発生する場合もありますが、
基本的には食生活の問題である事がほとんどです。

私の場合も同様です。
単に私の場合は、脂質の過剰摂取だったってだけで、
糖質を過剰に接種する様な食生活だったら、
多分血糖値に現れてた事だろうと思います。

不眠症の方も同様です。
ストレスが原因で偏食になってしまう方もいると思います。
その場合、問題は睡眠そのものでは無く、ストレスによる偏食です。
そう言う人は、医師から食生活の改善も指示されるハズです。

・睡眠薬で睡眠障害が改善されると血糖値も改善されるケースがある

と言うのも、個人的には疑わしいと思います。
ましてや「そういう人もいる」「そういうケースもある」って程度の話の様です。

眠剤(睡眠障害の改善)で血糖値が良くなったと考えるよりは、
ストレス軽減、食生活改善により血糖値が下がった……
と、そう考えるのが自然ではないかなと思います。







人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

私もひょっとしたら“マスク依存”かもしれませんねぇ

私の場合、外出の際必ずマスクを着用する様になったのは、
障害者になった親父さんに、風邪とか移さない様にするためってのが、
そもそものきっかけでしたね。

先ずは自分が風邪に罹患しない様に、
そして人からうつされない様にって事で。

「いつもマスク」の生活でうつ病を引き起こす恐れあり
ニコニコニュース/NEWSポストセブン さんの記事

それ以外には、突然鼻水が出るって事も理由としてありました。
時期的な事もありますが、
ホルモンバランスの乱れによるものもあるって事だったので。

冬場とかは、それに加えて寒さ対策って事もあります。
私の場合、夕方日が落ちる直前か落ちた後に
買い物に出掛ける事が多く、
また、買い物の際は自転車で走るので、顔が寒いんですよ。
マスクをつけてると、防寒にもなるんですよねw

あとは“無精髭”を隠すため……ですかね。
まぁ、だったら剃れよって話もありますがw

う〜ん。私の場合は、
ある意味“サングラス”と同じ意味合いがあるのかも……と思います。

以前、ずっとサングラスをしてた時期がありました。
確か20代の頃だったと思います。
それこそ夜とかでも、普通にしてましたね。

そんな事してたので、
たまに日中サングラスを外すと、眩しくて目が開けられないなんて事も。
さすがに、このままではちょっと不味いかなと思い止めました。

それ以降は、車を運転する際、太陽がモロ直撃してよく見えない、
サンバイザーでも隠せない時などの特別な場合を覗いては、
サングラスはしなくなりましたので、ずっと車に積みっぱなしでしたね。

最初は単にファッションとしてしたんですが、
いつ頃からか自分の目が隠れる事で、逆に他人の目が気にならなくなり、
それでずっとサングラスをしてた様な気がします。
元々、人と接するのが苦手であり、スゴく人の目が気になる性格でしたので。

口元や鼻にも似た感覚を持ってる気がします。
外食が少ないと言うか、ほとんど行かないってのも、
食事してる姿を人から見られるのが苦手って事が理由だったりします。

その性格も、社会人になってからかなり改善はされましたが、
基本的に苦手である事には変わり無いです。

なので、今更マスク依存を気にしてもなぁって感じですかね。
元々がそんな性格なので。

それに、時にはマスクせずに出掛ける事もあったりしますし、
完全に“依存”というところまでは“まだ”至って無い……と思いたいけど、
まぁ依存気味である事に間違いは無いですね。

相手がどう思うかは別にして、
マスクをする事によって他人とスムーズにコミュできるのなら、
それはそれでいいんじゃないかなぁと思いますが……どうなんでしょう。
全くコミュ出来ないままでいるよりは、その方が余程マシかと。






テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

うちの親父さんも何だかんだ言っては、猫達に話かけてたなぁ……

うちのお袋さんは数年前に膵臓癌で他界しましたが、
晩年はアルツハイマー型認知症を発症してました。

昨年亡くなった親父さんも、脳出血による脳血管性認知症に。




なんとなく分かる気がします。

うちも両親の介護のため、姉貴が実家に戻りましたが、
その際、飼っていた老猫2匹も実家へ連れ帰りました。

その後、お袋さんは半年程で亡くなってしまったのですが、
親父さんは、私と同じでどちらかと言えば犬派で、
猫はあまり好きでは無かったと思います。

加えて、姉貴が猫の世話ばかりして、
自分の世話をしないと、よく私に愚痴ってました。

そう言う意味では、猫達が原因で口喧嘩する事もあった様ですが、
そんな文句を言いつつも、何だかんと猫達に話しかけてましたねww

猫の方も猫の方で、
親父さんがベッドに腰掛けてると、足元に寄って来たり、
ベッドの上で隣に座ったりしてましたね。

老猫だったため、2匹とも先に逝ってしまいましたが、
猫達がいなくなってから、話相手がいなくなったためか、
親父さんの衰弱が進んだ様な気が……

まぁ、私が勝手にそう感じてるだけかも知れませんが。

アニマルセラピーは、私もいいと思っています。

ただ1点、注意が必要なのは、猫アレルギーや鳥アレルギーなど、
動物に対するアレルギーを持ってる人もいたりします。
その点だけは注意が必要ですね。







人気ブログランキングへ

テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

まぁ眠剤は眠剤として使えって事ですね。そもそもデルタパワーって何なん?

一昨日は作業に集中するあまり、
就寝の時間を大幅に越えてしまった上に
なかなか寝付けないと思ったら、眠剤の飲み忘れに気付き、
なんだかんだで目が覚めたら夕方。

こりゃいかんと、昨晩はそれなりの時間に就寝したものの、
予定より4時間も早く目が覚めてしまい、現在に至る。

そんな今日この頃です。

そう言えば昨晩、就寝中に身体がドンッと宙に浮き上がり、

「何事!? 地震か!!?」

って事が2度程ありました。
どうやら身体がびくついただけだった様です。疲れてるなぁ。

ところで、私も睡眠障害のため、
毎晩眠剤と言えばこんな事が話題になってる様ですね。

「糖尿病に睡眠薬が効く」?
「ガッテン!」の特集で炎上
製薬会社は「推奨しない」とコメント

ねとらぼ さんの記事

え〜と……最初に言っときますが、私は専門家ではありません。
一応、自分なりに色々調べたりしてますが、
私感とかガンガン入ってます。

基本的には専門家……医師・薬剤師さんですね。
そう言った方、それも複数の方々の意見を聞くのが
一番ではなかろうかと思います。

この番組は視聴してないので、詳しくは分かりませんが、
少し番組内容について調べてみたところ、

・潜在的睡眠不足
 ↓
・熟睡できずデルタパワー(デルタ波の量だとか)が少なくなる
 ↓
・夜間に交感神経が活性化、血糖値を上げるホルモンが体内で分泌
 インスリンの分泌能力も低下
 ↓
・血糖値が上昇
 ↓
・夜間に交感神経が活性化……

と言った悪循環に陥るといった理屈の様ですね。

複数の睡眠障害を抱える私ですが、血糖値は至って正常です。
睡眠障害の治療を始める以前から、血糖値に異常が出た事はないです。
まぁ、あくまで私の場合は……って事なんですが。

某Wikiに糖尿病発症リスクの研究と言う事で、

「1晩の睡眠が6時間を切ると糖尿病のリスクも高まる」

との記載がありました。そのネタ元となっているのが、
2016年に米睡眠医学会がまとめたガイドラインで、それによると……

・睡眠時間が7時間に満たないと体格指数(IBMI)が上昇する
・睡眠が不足すると食欲を増進するホルモンの値が上昇して肥満につながる


という内容でした。ここで登場するホルモンとはグレリンの事だと思います。
確かにグレリンは、下垂体に働き成長ホルモンの分泌を促進し、
視床下部に働いて食欲を増進させます。
実際、グレリンを投与すると体重増加や脂肪組織が増大するそうです。

また、下垂体ホルモンである成長ホルモンは、
肝臓でのグリコーゲン分解促進や抗インスリン作用(インスリンを抑制)により、
血糖値を上昇させます。

しかし、元々成長ホルモン自体は、睡眠中2〜3時間の間隔で分泌されますし、
デルタパワーって……デルタ波は脳波、つまり脳から生じる電気活動の記録。
その周波帯を計測する事で、色々探る事とかは出来ると思いますが、
ホルモンの分泌云々との因果関係までは、
まだ解明されてない様に思いますが……どうなんですかね?

まぁ、それはともかく眠剤、睡眠薬の件に関して言えば、
比較的軽いものを少量とは言え、
一応眠剤を服用してる身として言わせて頂けば、

「眠剤の服用は甘く考えちゃダメ!」

って感じですかねぇ。
私自身、処方されてるから分かりますが、
医師であっても、そうホイホイと処方出来るものでは無いんですよ。
眠剤……睡眠薬と言うものは。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるのは、
よく知られてる事だと思います。

【レム睡眠】
急速眼球運動を伴う睡眠の事。
身体は骨格筋が弛緩し休息状態だが、眼球のみ急速に運動しており、
脳は活動して覚醒状態にある。

夢はこの段階で見る事になり、その後覚醒しますが、
夢と同じ行動を取ってしまう事があり、それが激しい(異常である)場合、
レム睡眠行動障害と言われます。
私もこのレム睡眠行動障害だと診断されました。

【ノンレム睡眠】
急速眼球運動を伴わない睡眠の事。
この睡眠時では脳は覚醒しておらず、一方筋肉の活動は休止しません。
体温は低くなり、呼吸・脈拍は穏かになり血圧も下がっさた状態となります。
いわゆるグッスリ眠っている状態です。

N1〜N4までの4段階のステージに分類され、
N4が最も深い睡眠の状態で、この時最も頻繁に検出される脳波がデルタ波です。

【脳波】
脳波とは、脳から生じる電気活動を電極で記録したもので、
その周波数帯により大きく以下の4種があります。

デルタ波(1〜3Hz)
シータ波(4〜7Hz)
アルファ波(8〜13Hz)
ベータ波(14〜Hz)

【睡眠時脳波】
睡眠の段階と脳波の関係は以下の様になっています。

ステージW
閉眼覚醒時の事です。覚醒(起きている)状態の事ですが、
脳が安静(リラックス)してる状態にある時に、より強くアルファ波が出ます。

ステージ1(N1)
ノンレム睡眠の第一段階であり、
まどろみ期又は入眠期といい、うとうとした状態の事です。
アルファ波が減少し覚醒期の50%以下となり、
一方シータ波とベータ波が不規則に出現・混在します。

ステージ2(N2)
ノンレム睡眠の第2段階で12〜14Hzの脳波バターンが、
律動的に連続して出現し、それが紡錘の形に似ている事から
睡眠紡錘とも言われます。

ステージ3(N3)
深い睡眠で、次のN4と合わせ徐波睡眠と言われています。
ノンレム睡眠の第3段階で、デルタ波が20%〜50%となります。

ステージ4(N4)
最も深い睡眠の段階で、前のN3と合わせ徐波睡眠と言われています。
ノンレム睡眠の第4段階で、デルタ波が50%となります。

ステージREM
急速眼球運動を伴う睡眠状態です。
ステージ1(N1)・覚醒時と脳活動が酷似しており、
エネルギー消費も覚醒時とほぼ同等の状態。
シータ波が主。全睡眠の20〜25%を占めています。

【睡眠薬】
睡眠薬は、その化学構造からいくつかに分類されますが、
今回番組で紹介され話題となった睡眠薬「ベルソムラ」ですが、
これは製品名であり、スボレキサントと言います。
オレキシン受容体拮抗薬といわれるもので、睡眠を促すものではなく、
あくまで覚醒状態を抑制するものです。

一般の睡眠薬は、神経伝達を阻害するGABAと呼ばれる
γ-アミノ酪酸(抑制性神経伝達物質)の活性を、
アロステリック結合部位を標的とする事で間接的に調節・活性化させ、
神経細胞の発火或いは脳全体を抑制する事で睡眠を促すものです。

一方、今回のスボレキサント(ベルソムラ)ですが、
覚醒促進神経ペプチドであるオレキシンAとオレキシンBと、
オレキシン1と2という各受容体との結合を阻害することにより、
覚醒状態を抑制するものです。

一般的に睡眠薬が、脳の活動を抑制する事により睡眠を促すのに対し、
スボレキサント(ベルソムラ)は、覚醒状態を抑制するという違いがあります。
そのため、GABAに影響を及ぼす他の睡眠薬と比較すると、
習慣性・依存性が低く、長期的な使用が可能だと言われいます。

しかし、そもそも睡眠薬による「睡眠」は例え、比喩であって、
その量により緊張や不安を取り除き、寝付きを良くする睡眠薬として使用されたり、
麻酔として意識消失に使用されるものであり、
あくまで通常の睡眠、自然な周期的の状態ではないという事です。

スボレキサント(ベルソムラ)も、他と作用機序が異なると言うだけで、
睡眠薬の一種である事に変わりは無く、
使用・併用が危険な疾病や薬はありますし、当然副作用もあります。
低用量では日中に眠気が、高用量では過剰な眠気や入眠時幻覚、
睡眠時麻痺などが発現する可能性もあります。

某有名な薬に関する情報サイトに、

「熟睡による間接効果として、人によっては血糖値が改善することがあります」

との記載がありました。
これが、先の米国のガイドラインを踏まえての事かどうか分かりませんが、
注意事項と免責において、

「一部、私見や推測が含まれます。また、誤りがまったくないとも言えません。」

との表記もあります。
当たり前の事ですが、ちゃんと医師・薬剤師に確認する事が重要です。

先に書いた通り、睡眠薬はあくまで不眠や睡眠障害の治療のため、
一時的に使用されるものであり、本来の自然な睡眠とは異なるものです。
その用法・用量・使用期間など、しっかり医師の元で管理された上で
処方されないと、大変危険な薬でもあります。

まぁ、睡眠薬に限った事では無いですが、
新たな効果・効能が、その副作用まできちんと実証されない限りは、
薬とは、本来の治療目的のために使用するものだってことですね。

先に書いた通り、私は専門家ではありませんので、
気になる事は自分でググったりして調べるなり、
医師・薬剤師の方に尋ねる様にしてください。

しかし、今回色々調べてみてつくづく思いました。
やっば頭良くないと医者にはなれないわww
何とか受容体がどうだのこうだのって……うむ。分からん!!

最近『けもフレ』人気で「IQが溶けた」とかって言うじゃないですか?
昨晩ふと思ったんですよね。
「自分は溶ける程IQ無かったわ」ってww







人気ブログランキングへ

テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

左手の麻痺、ほぼ治りました。マスクを外すクセはなかなかなおりませんが……

今日は久し振りに目覚ましで起床しました。
と言っても2回目のコールでしたけどww

CPAPのマスクは……外しちゃってましたねぇ。
今回も外した記憶はあれど、何故外してしまったのかは覚えて無い。

昨日も外してしまってましたが、理由は分かってます。
マスクからの換気音を空気漏れと勘違いしてしまったため。

だとしても、だったらマスクの位置を直せばいいんですけどね。
何故か「外す」と言う決断をしてしまった様です。

まぁ、寝ぼけてる時の私の行動なんてそんなもんです。
寝ぼけてるんだからまともな理由な訳が無い。

と、先日来ずっと続いてた左手の麻痺ですが、
どうやらほぼ元に戻った様です。
ただまだ、多少無理とかするとやはり悪くなる様ですが。

しかし、こまでくればもう大丈夫かなと。
そう言える程度までは回復しました。

それと、姉貴の大腸癌検査の件ですが、
先日実家に立ち寄った際に、検査に言った事とその結果を聞きました。

姉貴「異常なしだった」

私「じゃあ、血尿って一体何だったの?」

姉貴「さぁ? 便秘でケツでも切れてたんじゃない?」

との事でした。
取り敢えず一安心って感じでしょうか。

まぁ、人の心配してる場合じゃ無いですけどね。色々。
それに来月はいよいよ心臓の検査だし。
大丈夫だとは思うんだけど……多分……







人気ブログランキングへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

後悔する、満足出来ないまま逝くかどうか……それはその人の考え方次第かと

「死にゆく人生で」と言うより、
既に実感してる人とかもいたりする内容かと。

【死ぬ前に知りたい】看護師が明かす患者が
「死にゆく人生で最も後悔していること5つ」


私は、普段何かを決断・選択する際の基準として、
「後悔しない事」を先ず最優先してるので、
それ程後悔はしないと思います。

勿論、全くない訳ではないですよ。
睡眠障害などを含め、色んな身体的問題を抱えてますし、
そう言う意味で、後悔と言うか反省と言うか、
そう言う思いはあったりします。

一方で、過ぎてしまった事を悔いててもしょうが無いと言う、
スゴく割り切ってか考える部分もあったりします。

そもそも、満足して死を迎えられる人の方が少ないと言うか、
人間ってそう言うものではないかなと、そう思ってます。

1:他の人に言われた人生ではなく、自分の行きたい人生を生きればよかった
2:そんなにたくさん働かなければよかった
3:自分の気持ちに正直に生きればよかった
4:友達とコンタクトを取り続けるべきだった
5:自分が幸せでいることを、もっと大切にすればよかった

寧ろ、こういった事を考える、後悔するだけの時間が残されてた分、
まだマシなんじゃないですかね。
人生を悔いる時間すらないままに、死を迎える人もいますからね。

まぁ、緩和ケア病棟の患者さんの話なので、
色々日々大変な思いで過ごしてる方もいるでしょうし、
だからより後悔の念も強くなるのでしょうけどね。

うちの両親はどうだったんだろうと考えた時、
共に認知症だった事もあって、はっきりと分かりませんが、
人生で後悔してると言う様な話を聞いた事は無かったです。

その瞬間、その瞬間が精一杯で、
そんな事考えてる余裕も無かったかと思います。
その点については、今となっては本人のみぞ知るなんですが。

私なんて、やりたい事が沢山あり過ぎて、
生きている内にやどれだけやれるかって事を考えると、
多分やり残す事の方が多いと思います。

なので「満足して」逝けないかも知れませんが、
「後悔して」逝く事もないのかなと思います。

その点は、案外割り切って考える人なので、
「まっ、しゃーないわな」って感じになるかと。

私の場合、余命幾ばくも無いと分かったら、
好きなアニメを観まくって、やりたいゲームをプレイしまくる……
そんな最期を迎えるかと思います。

まぁ、その時点で「ある悩み」を抱える事にはなると思います。
どのアニメ、ゲームを優先するかでww

死に対する恐怖がない訳でもないし、
後悔の念が全くない訳でもない。
ただ、それをクヨクヨ悩んでる時間があるなら、
その時間をやりたい事に費やしたい。

まぁ、何をやっておきたいのかによるとは思いますけどね。
それは人それぞれ違うので。
それがベッドの上では出来ない様な事だったりすると、
色々後悔したり悩んだりしてしまうんでしょうね。

私はやりたい事ってのが、比較的簡単に出来る事で良かったです。
ベッドで寝てるしか出来なくても、アニメ観る事は出来ますからねw

それも出来ないとなると……そうですね。妄想し続けますww







人気ブログランキングへ

テーマ : その他
ジャンル : その他

インフルに罹患したら、普通は報告すると思いますが。

風邪にしろインフルにしろ、
休んだり病院に行く際、会社に連絡を入れる段階で
報告と言うか伝えると思います。

インフルエンザ“会社に自己申告しない”派は●割
ニコニコニュース/R25 さんの記事

インフルの場合は、病院での検査でないと判断出来ないので、
その後って事になりますけども。

インフルと言っても確かに悪性感冒って言う事で、
まぁ、タチの悪い(症状の重い)風邪ではあるんですが、
症状もですが、感染力も違いますからね。

幼児やお年寄り、或いは持病など、既に何かしらの疾患を抱え、
免疫力が低くなってる人は要注意なので、
そう言った点を考えたら、普通の人なら報告すると思いますけどね。
会社によっては、報告を義務付けてるところもあるかと。

まぁ、インフルだけでなく、普通の風邪とかも同様ですが、
辛いのを無理して仕事なんてしても、効率があがる訳でも無く、
それで症状が長引いてしまっては、それこそ非効率的。
ゆっくり休養してとっとと治してしまった方が、より効率的です。

自分が休んでは、他の人に迷惑がって気持ちもあるかと思いますが、
咳とかの症状が酷い場合は、周囲も五月蝿くて寧ろ迷惑。
人一人休んだところで、会社はビクともしません。そんなもんです。

自分のためにも、周囲のためにも、
しっかり申告して休養し、とっとと治す。これに限ります。







人気ブログランキングへ

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

メガネとマスクってこんなに相性悪かったかなぁ……

先週の金曜にメガネを取りに行きました。

店員さん「ちょっとかけてもらえますか?」
私「はい」
店員「見え方とかどうですか?」
私「う〜ん……いいと言うか……なんかおかしいと言うか……
  あっ、すいません。コンタクトしてました」
店員「あっ、そうですよね。すいません」

と言う、ちょっとおバカな会話もありつつ、
受け取り完了。

ついでだし、このままメガネで帰ろう……と思ったんですが、
やたらくもるくもる。

マスクしてた事で、息が隙間から上にきてしまう様で。
でも、学生の頃だってマスクする事なんてあったし、
特に、小・中学生の頃とかは給食当番でマスクしてた訳で……

結局、通い慣れた道って事もあり、
途中からメガネを外して帰宅しました。

翌日、いつもの買出しの際はコンタクトで外出。
ついでに「くもり止め」効果もあるクリーナーを購入し、
実家に立ち寄って、同じくメガネ生活の姉貴に、
メガネにマスクの時って、どうしてるのか聞きました。

姉貴もやはりマスクしてる時はくもるので、
マスクを鼻の下まで下げたりとか、息を下の方に吐き出す様にするとか、
色々苦労してるって言ってました。

姉貴曰く、

「給食当番とか、昔のマスクは一回り小さくて、
 鼻までかれる様なものじゃなかった」

と言ってました。確かに、そんな気がします。
昔は、鼻の部分はマスクから出てた様な……

寒い屋外からお店など暖かい屋内に入る際、
一気にメガネがくもるって事は、よく体験してましたし、
暖かい食事、特にラーメンと鍋とか、
湯気ものを食べる際にメガネがくもるなんて事は、
マンガ・アニメなどでネタとしても使われる程メジャー。

そう言うのは覚悟してましたけど、まさかマスクしてる時までとは……

そう言えば、最近のよくある使い捨て的なマスクとかは、
そもそも材質自体が不織布など、昔とは異なりますしね。
その辺りの違いとかもあるんでしょうかね。

雨の日も少々困りものですね。
くもる易いって事もあるんですが、自転車で外出するのがね。
フード被ってても、走ってると顔とか濡れてしまいます。
コンタクトだと、その点は大丈夫なんですが、
メガネは濡れると見えないですからね。

コンタクトとの感覚の違いに対する慣れってのは、
確かに長い間メガネじゃなかったですが、
それ以前に結構長い間メガネだった時期があったので、
その辺りは、直に慣れました。

まぁ、違和感と言うか、違いは感じますけどね。

メガネしか使った事がないとか、コンタクトしか使った事がない人には
ちょっと分から無いかと思いますが、
裸眼やコンタクトで見た場合とメガネを通して見た場合では、
メガネで見る方が、一回り小さくなって見えてる感じがするんですよね。

私の場合、度が強いので特になんでしょうけど。

度の強いメガネしてる人の顔って、
レンズの部分が小さくなってる様に見えるじゃないですか?
あれと同じで、メガネしてる側もモノが少し小さく見えてるんですよ。

ピントはバッチリなので、しっかりと見えてはいるんですけどね。

それと、コンタクトの場合は、眼球の動きに合わせて
コンタクトも動く訳ですから、横目で見ても全然普通に見えるんですが、
メガネの場合は、レンズは固定されたままですから、
横目、つまりレンズの縁に視線がいく程歪んで見えます。

これもまた、私のメガネの度が、より強いからなんだと思いますが。

まぁ、何よりも違うのは、視界に入るフレームww
そのためですかね。やはり、間にレンズを通して見てる感が、
コンタクトとメガネの一番大きな違いかと。

あとは、アレですね。これは私個人の問題ですが、
先に書いたおバカな行動をしてしまう事ですかね。
メガネかけてる事を忘れて、Tシャツとか着ようとしたりとかw
昨日早速やってしまいましたw

そう言えば、コンタクトしてる時より、
PCモニターは小さな文字まで見易くなった気がします。
何故かは分かりませんが。

と、そんなこんなで、メガネライフスタートです。

あっ、因みに睡眠障害の方はと言うと、
昨晩は、途中でクシャミが出始めてしまい、
途中でCPAPを外すはめにりました。

その後、途中覚醒した際……と言っても、
恐らくお昼近かったと思いますが、
起きなきゃって事で掛け布団を剥ぎ取り……と、
そこまでは良かったんですが、そこでどうも落ちた様です。

目が覚めた時には午後3時を回ってました。
こっちはまだまだ時間掛かりそうです。







人気ブログランキングへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

メガネ作りに行った……裸眼・両眼で0.09だった

最近、コンタクトをすると目が痛くなる事が多く、
そろそろ限界かなぁと思っていました。
まぁ、使い始めてもう8年近くになるからなぁww

私の場合、デイリーとかウィークリーではありません。

途中でうっかり落として踏み割ったりとか、
紛失したりとかしない限りは、
これまでも7〜8年は、ずっと使用してきました。
なので、デイリーとかより割安だったりしますw

今回はどうしようかなぁと思ってたんですが、
そもそも万一の時用のメガネって持ってないのと、
久し振りにメガネもいいかなぁと言う事で、
メガネを購入する事にしました。

ぶっちゃけ金がないのも理由ですww
で、昨日メガネ屋さんに行ってきました。

コンタクトであれメガネであれ、
先ずは視力検査をする事になる訳ですが、
先に書いた通り、どちらにしても久し振り。

会社とかの健康診断って、色覚検査だけでしたからね。
と言う事で、色々新しい発見とかありました。

取り敢えず、お店に入った私の第一声は、

「こちらのお店で一番お安いので」ww

先ずはフレーム選び。
と言っても、一番安いのでって指定なので、
選べる種類は3種類。色は別。
顔に合わせての調節不可。

まぁ、そこは仕方ないです。
で、取り敢えずフレーム決定。

続いてレンズを作るための視力検査。

検査で先ずショックだったのが、
かなり悪いってのは、自分でも分かってましたが、
裸眼・両目での視力が、何と0.09でした。

0.09て……両目でそれかとw

あと、新しく分かった事としては、
右の方が近視が酷く、左の方が乱視が酷いと言う事。

以前から左右で乱視の度合いとかも違うとか、
視力に違いがある事は自分でも分かってましたが、
詳しくどちらがどうって話までは、
これまであまり詳しく聞いてこなかったんですが……

また、自分的には右が効き目だって事もあってか、
左の方が悪いと思い込んでた様で、実際は右の方が悪かった。
しかも、右と左でかなり視力差が激しい様です。

その結果、ちゃんと度の合ったメガネを作ろうとすると、
その左右の差が大き過ぎるために、
逆に目が回ると言うか、クラクラする様な感じになって
直に目が疲れてしまうのだとか。

確かに、以前コンタクト作った時にも、
同じ事を言われて、少し度を落とした記憶があります。

と言う事で、今回も右目の度を若干落としたものに。

先日書いた、メガネとコンタクトによる視力への影響については、
特に関係ないと言われました。

ただ、目の疲労って事に関しては、
光学的な視点からだと、より眼球に近いコンタクトの方が、
目の疲労度は低くなると言うのは確かな様です。

しかし一方で、実際は涙の膜の上からなんですが、
目の中に入れるコンタクトの方が、
物理的にとでも言うんですかね?
そう言う点での疲労は大きい訳ですから、
結局、どっちもどっちで大差ないだろうとの事でした。

何だかんだありまして、最終的には右目の度を少し下げ、
両眼で0.9になるレンズを作る事になりました。

あと、PCやTVなどミニターに向かってる時間が
人一倍長いので、オブションのブルーカットを付けてもらいました。
最初は別にいいかなとも思ったんですが、
たまたまセール中で、半額と言う事だったのでw

尚、レンズの薄さに関してですが、
中薄・超薄の2種類があったんですが、
私の視力で中薄のレンズにすると、
かなり縁が分厚くなってしまい、基本無理……
と言う事で、必然的に超薄という事になりました。

そんなこんなで全て終了し、出来上がりは今週末。
お支払いのみしてきましたが、
オプション・消費税込みで、お値段何と3,800円。

……はい。メガネ赤札堂さんですww

しまったなぁ……すっかり忘れてた。
同時に作れば、2本で5,000円だったのにww
(オプションは除く)

そう言えばお店の方から、

かなり長年コンタクトばかり使って来られた様なので、
久し振りのメガネだと、最初はかなり違和感ありますよ。

と、そんな事を言われました。どうなんでしょうね?

10歳くらいの頃から20代半ばまでずつとメガネでしたし、
コンタクトに替えてからも、眼球が傷付いてたりして、
時々メガネを使う事もままあったので、
多分その点は大丈夫かなと思うんですが……

寧ろ、久し振りのメガネって事で、ちょっと楽しみだったりします。




漫画読む時は、老眼なのでコンタクトがない方が
細かい部分までよく見えると言う、ちょっと切ない事実w

今度からはメガネを外すだけで直ぐ読める。
遠近両用は値段が一気にハネ上がるのでやめました。

近くが見え辛いのでPCとか大変では……と言われましたが、
今のコンタクトでも、モニター程度の距離があれば、
作業上、特に問題ない距離なので。今のところは……ですが。




人気ブログランキングへ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

家族が過剰な延命を望むのは、医師の説明不足も背景にあるのでは?

家族が少しでも長くと希望するのは、極当たり前の事。
問題はそこじゃ無い。

病院で行なわれている過剰な延命治療の
大半は家族の希望

ニコニコニュース/NEWSポストセブン さんの記事

何か、すべての過剰な延命治療は、
「家族の責任」的な書かれ方ですね。

そう言う意図は無いのかも知れないですが、
少なくとも、私にはそう感じられる内容なんですが……

問題はそこでは無い気がします。
寧ろ、医師の側の説明不足もあるかと思いますけどね。

「今はこんな状態ですが、さてどうしますか?」

といった様に、状態だけは説明されるものの、
どうしましょうと言われても、素人の身内にどうしろと?
少しでも長くと希望するのが当たり前でしょう。

その後、延命するしないも含め、
どのような選択肢があるのかを説明し、
全ての選択肢を家族に理解させた上で決めさせる……
そうすべきなんじゃ無いですか?

因みに、うちのお袋さんの場合、
膵臓癌で亡くなりましたが、
余命宣告を受けた際には、担当医師から
3つの事を言われ、2つの選択肢を提示されました。

1つ目は、体力的な面などもあり出術は不可能と言う事。
2つ目は、選択肢の1つである抗ガン剤の投与。
但し、投与しても余命半年だと言われました。
3つ目は、別の選択肢で鎮痛剤による緩和措置のみの余生。

この時は、最初に抗ガン剤治療を試みて、
その後の経過から緩和措置のみの余生を送るという選択をしました。

但し、抗ガン剤治療に関して、
担当医師からは、特に細かな話は無かったので、
こちら側から、以下の申し入れをしました。

・抗ガン剤はジェムザールとTS-1の混合投与。
・動注での投与。

動注投与は不可能という事だったので、
その部分はやむを得ず、静注にしてもらいました。

結局、一時的にガンマーカーきは減少したものの、
再び増加に転じた時点で治療を断念し、
緩和措置のみで、在宅での余生を過ごさせる事になりました。

幸い、抗ガン剤治療の際も、その後の在宅での余生でも
お袋さんは、特に苦痛を訴える事も無く、
鎮痛剤を使用する事はありませんでした。

最期は、医師の宣告よりほんの1ヵ月程度ではありますが、
長生きした後、眠る様に逝きました。

僅か1ヵ月程度ではありますが、
それでも最初に抗ガン剤治療を試みた事は、
間違いでは無かったと思ってますし、
治療を諦めたタイミングも間違いでは無かったと。

親父さんの場合は、食事の経口接種が困難となり、
体力的にも限界が来ていた時の事ですが、
担当医師からは、特に選択肢の提示はありませんでした。

ただ、心肺停止の場合の措置についての相談はありましたが。

その件については、

・人口心肺は使用しない。
・CPR(心肺蘇生法)については、AEDの使用はOKだが、
 胸骨圧迫による心臓マッサージは行なわない。

と言う事にしました。
心臓マッサージは行なわないとしたのは、
当時の親父さんの状態から、骨折してしまう危険が高かったからです。

まぁ、心肺停止を起こしたらもうダメだろうってのは、
何となく分かってましたし、
ここまで来るのに、本人も色々大変だったのはずっと見てきましたし、
身内としてもそろそろ楽にしてあげたいと。
色々な外部装置に繫がれての延命は、本人も望んでませんでしたしね。

と言う事で、その様な対処をお願いしました。

ただ、経口接種困難となった現状について、
今後どうするのかって話に関しては、
担当医師の側からは、何も提示されませんでした。
身内としては、そこが一番知りたい部分なのに……

なので、私の方から逆に以下の点を申し入れしました。

・胃瘻は使用しない。
・肺炎等を起こした場合の抗生物質投与に備え、
 手足の血管を確保し、
 皮下点滴によって最小限の養分のみ接種する事で、
 少しずつ衰弱させて逝かせる。

血管性認知症や単体麻痺による言語障害などもあり、
なかなか医師疎通は難しかったですが、
まだ意識はしっかりしてたので、
そう言った状況を考えると、それが一番ベストな選択かなと。

胃瘻の話も皮下点滴の話も、
こちらから言わなければ出て来なかった単語です。

身内の気持ちを考えると、
なかなか切り出し辛いってのは分かりますが、
そこは寧ろちゃんと言ってもらわないと。

うちのケースの場合は、
私や姉貴が、色々情報を集める事に精通してたので、
こちらから話を切り出す事が出来ましたが、
そうじゃ無いご家庭だって多々あります。

特に、残された身内自身もご高齢だと言うご家庭では、
うちの様にはいかないでしょう。

最終的に決断するのは、本人であり家族ではありますが、
その際に、色々な選択肢とそのメリット、デメリットについて、
家族にしっかり説明・理解してもらう事が、
医師の側にも必要だし、足りてない部分だと思います。

ここで言う説明とは難しい専門用語でまくしたてる事では無く、
ちゃんと理解してもらうと言う意味での説明です。

延命措置をしないという判断は、
本人を楽にしてあげると言う意味と共に、
身内にとっては、医師による宣告と同様、
本人に死を告げる行為に匹敵する。

それくらい、身内にとっては重い決断なんです。

一応の説明はしても、ちゃんと理解されて無いから、
ご家族もその決断が出来無いまま、
延命を望むのでは無いのでしょうか?

その部分をしっかり理解してもらっていれば、
自分達の気持ちより本人の気持ちを優先する……

ご家族ならばこそ、ちゃんとその決断が出来ると、
経験上、私はそう思いますけども。




人気ブログランキングへ

テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR