FC2ブログ

睡眠時間は安定しつつありますが……昨晩は下痢のため途中覚醒。30分程トイレにこもってました。

昨晩もほぼ予定の時間通りに就寝・起床……だったのですが、
途中覚醒した際、腹痛(下痢)で我慢出来ず、
30分程トイレに籠ってました。

その際、鼻もグズつき、少しヒリヒリ感があったので、
再就寝する際、念のためCPAPは外しました。

起床後は、特にお腹の具合が悪いという事も無く、
いつも通りというか何と言うか。

昨日の日中放屁が酷かったのが、
昨晩の下痢の予兆だったのかどうかは分かりませんが、
就寝前まで全くいつも通りで、突然来るので……

ホントかどうかは分かりませんが、以前観たTV番組の中で、
トイレは朝済ませる様にする、そういうクセを付けるといい、
そんな様な話を聞きました。理由は……忘れましたw

それでふと思い出しましたが、
会社員になり、毎朝バタバタして家を出る事が増えた際、
特にトイレに行きたいという訳でも無かったので、
そのままトイレに入らず家を出ました。

が、出勤途中の車の中でお腹が……
大体いつも同じ辺りでもよおしてくるので、
いつも同じガソリンスタンドに立ち寄り、トイレをお借りするハメに。

さすがにそれが続くと、こちらとしても何か気まずくて、
時々別のお店、喫茶店などを探してお借りしたりとか。

結果的には、その分の時間は過ぎていく訳でして、
それで出勤時間に間に合わない事も。

ただ「トイレで遅れました」とも言えず、
そもそも余裕を持って起きれていれば問題無い話ですから、
結局「寝坊しました」って事に。

まぁ、深夜とか朝方に帰宅、会社に泊まり込みなんて生活が、
その頃から既に始まっていたので、
やはり“規則正しい生活リズム”ってのは大事だなと、改めてそう思います。

【PR】
下のリンク画像だけを観ると、
ワイン(アルコール類)っぽく見えますが(w)、
ノンアル・ノンカフェインですので。
24種類の和漢植物とハーブ類から抽出された
エキスを配合した飲料です。
※下画像はどちらもトップページへのリンクです。
↓↓↓↓↓

※通常購入は1本から出来ます。
 1本 7,500円 (税別) ※送料600円
 2本 14,250円 (税別) ※送料無料

更にお得な定期購入もあります。

※定期購入も月1本から購入出来ます。
※1本 4,500円 (税別) ※送料600円
 2本 8,550円 (税別) ※送料無料


人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

鼻水が治まったら、今度は放屁が止まらない……

昨日は少し移動時間(自転車)が長かったためか、
夜背中に痛み(脊椎症性神経根症のため)がありました。
まぁ、経年によるものだからこれはある意味仕方が無い。

睡眠に関しては、質の方は相変わらずみたいですが、
ここ数日、ほぼ予定の就寝時間に就寝・起床できてます。

一昨日から、鼻の炎症も治まってきた様なので、
ちゃんとCPAPを装着して寝てますが、
就寝中にクシャミ・鼻水が止まらなくなる様な事は無くなりました。

ただ、今日は空気嚥下が酷かったのか、
胃腸の具合からきてるのか分かりませんが、
朝から“放屁”が酷いです。“プッププップ”し続けてますww

今日また外出する予定だけど、大丈夫かな……
とまぁそんな感じで、

どこかが調子いいとどこかが足を引っ張る

という繰り返しです。
それぞれがホルモンバランスの乱れ、
自律神経の乱れと密接に関係、影響し合っており、
一筋縄ではいきません。

何にせよ、今程“睡眠”というものがあまり重要視されなかった頃、
仕事柄もあってという事情もありますが、
睡眠時間、生活リズムを疎かにしてしまった結果です。

【PR】
よい睡眠を得るためだけでなく、
腰や背中への負荷も考慮した寝具選びが大切です。
いかに“正しい寝姿勢で負荷を分散”出来るかが事。
↓↓↓↓↓




そしてもう1点。
“寝返りのし易さ”も重要。
寝返りし辛い事も腰や背中にとって負担となります。
そういった点に配慮して、
敷き布団やマット、枕選びをするのが大事です。


人気ブログランキングへ



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

そう言えば、お袋さんの認知症に気づいたのは、ご近所さんから指摘があったからでした。迂闊だったなぁ。

親父さんの介護の話つづきです。

親父さんは、脳出血により救急搬送され、
治療・転院してのリハビリ入院と、
それで7ヵ月近い入院生活を送った訳ですが、
入院当初より、早く家に帰るという事を仕切りに言ってました。

本人が、相当の医者嫌いだった事も理由ですが、
もう一つ、当初からしきりに言ってたのが、
「お袋さんが心配」という事。

親父さん曰く、お袋さんは認知症のふしがあると。
まぁ、今は人の事より自分の事だろと、
取り敢えず治療とリハに専念する様言い聞かせてましたが。

親父さんが倒れた直後から、
チョクチョクお袋さんとは顔を合わせてましたが、
特に変わった様子は無い様に思ってました。

最初の月の入院費用なども、
お袋さんに用意しておいてと頼んだら、
普通に銀行に行き、ちゃんと用意してくれてました。
親父さんの着替えも、ちゃんと洗濯してくれてましたし、
見舞いにきてくれた親父さんの兄弟、知り合いへの対応も
ちゃんとしてた様に思います。

まぁ足腰が悪いので移動には四点杖が欠かせず、
それによる行動の制約はありましたけどね。

その関係で定期的に通院する必要がありましたが、
親父さんが毎回付き添ってたので、
そっちの心配をしてたのかもなぁと。

それに関しては、私もしくは姉貴と弟が、
代わりに付き添う様にしてました。

また、食事等に関しても買い物に行くのが大変なので、
その頃は、姉弟で用意し、冷蔵庫に入れておく感じ。

姉貴は肺炎での入院とかもあったし、
弟も義妹の入院の件、自分達の家事の世話などもあったので、
お袋さんの様子見に専念してもらい、
親父さんの病院関係の事は、私が対処するという分担にしました。

そんな感じで対応してたのですが、
親父さんがリハビリのため転院して以降ですかね。
ある日、病院に着替えを持っていこうとしたら、
全く洗濯も準備もされていないという事が。

その時は、お袋さんにちゃんと洗濯しとく様にと言ったんですが、
以降それがずっと続く様になり、何かおかしいなと思い始めました。

そんな時に、ガキの頃お隣さんで、
今もご近所さんの幼馴染のお姉さんと、
たまたま立ち話をする機会がありました。

その方は割と早くにお父さんを亡くされ、
お母さんも認知症等のため施設に入っていましたので、
お互い大変だねぇという感じだったんですが、
そこでお袋さんの状態で驚く事を知らされました。

その方が言うには、うちのお袋さんが
ネグリジェにエプロンというとんでもない姿で、
コンビニに現れた事があるとの事。
そんな姿をたまに見かけるという事。

正直ビックリしましたが、
逆に、洗濯をしなくなった理由とか納得がいきました。
親父さんの話は正しかった。
どう考えても認知症だこりゃ……と。

一番驚いたのは、親父さんの退院が近づいた時、
もうすぐ親父さん帰って来るからって話をしたら、
「戻って来んでもええわっ!」って言い出した事ですかねぇ。

まぁ何と言うか……あれは認知症の影響と言うより、
寧ろ本音だった気がしますけどねww

何せイチイチ口うるさいというか、
お小言が多くしつこい親父さんでしたからw
それに私が中学生の頃ですかね……親父さんの浮気騒動があり、
お袋さんの方から離婚の話しも出た間柄なので。

とにかく、その情報は姉や弟にも伝え、
以降は親父さんだけで無く、
お袋さんにの様子にも注意する事になりました。

【PR】
そう言えば、親父さんが倒れた当初から、
お袋さんはコタツで寝起きしてた様な気がします。
面倒臭がりで、昔からそういう事を度々してたので、
あまり不思議に思って無かったですが……

ちゃんと布団で寝て、しっかり疲れを取りましょう。

睡眠の質低下の要因に“敷き布団の固さ”が関係しています。
柔らか過ぎると寝返りがし辛く、身体がくの字になる事で
腰部分への負荷が大きくなってしまいます。

逆に固過ぎると、背中・お尻に圧がかかり、
血行・リンパ不良の原因になります。
また、腰が浮いた状態となるため、
緊張状態での睡眠になってしまいます。

マイマクラさんの“からだ枕シリーズ”は、
日本製の高品質ウレタンに耐圧分散機能を持たせ、
血流の流れを妨げない設計になっています。
商品の詳細等はこちらから。
↓↓↓↓↓





人気ブログランキングへ



テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

鼻の炎症が治まるまでとはいえ、CPAPを使用出来ないのは睡眠の質低下になるので辛い。でも鼻水・炎症によるヒリヒリは無いのでその分ラク……何とも複雑な気分。

鼻の炎症のため、就寝時にクシャミ・鼻水が酷かったので、
ここ2日はCPAPを着用せずに就寝してましたが、
睡眠の質はともかく、炎症が少し楽になった気がします。
(気がするだけw)

起床時の偏頭痛が無いので、
血中の酸素飽和度的には多分問題無いとは思いますが、
炎症によるクシャミ・鼻水が抑えられてる代わりに、
睡眠の質低下は免れない事でしょう。

だから気持ち的には複雑です。

抗アレルギー剤の効果って、
服用を開始してどの程度であらわれるものなんですかね?
今のところ効いてない模様。

う〜む……原因はアレルギーじゃないのかな?
まぁ担当医も「アレルギーの可能性がある」との事で、
可能性を示唆しただけなので、それは有り得る。

何れにしても、炎症が治まってくれないと、
CPAP治療に支障が出るので、早く原因が分かるといいけど。

【PR】
DSアディポとは、生活習慣病の専門医・岡部正医師が
「自分自身が飲みたいサプリメント」をコンセプトに考案した商品。

岡部正医師は、岡部クリニック院長であり、
日本病態栄養学会評議員、日本糖尿病学会認定専門医・指導医、
日本肥満学会会員でもあります。

アディポネクチンに関する著書は勿論、
『「かくれ肥満」が危ない!』などの著書、
「世界一受けたい授業」や「主治医が見つかる診療所」
などの番組にも出演するドクターで、生活習慣病の第一人者です。
↓↓↓↓↓




【商品概要】
内容量…………180粒(1粒の内容量300mg、1粒の重量460mg)
       1日6粒 / 約1ヵ月分
賞味期限………製造後2年
原材料名………(6粒2.76g当たり)
       シークワーサーエキス 30mg
       大豆タンパク 645mg
       亜麻仁油 600mg
       リグナンリッチ黒ごま油 480mg
       (その他)
       ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、レシチン
栄養成分表示…6粒(2.76g)当たり>
       エネルギー 16kcal
       たんぱく質 1.2g
       脂質 1.2g
       炭水化物 0.2g
       食塩相当量 0〜0.03g
販売価格………初回購入時8,400 円 (税込)
       2回目以降購入時 9,600円 (税込)
       ※送料0円


人気ブログランキングへ



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

身体障害者だった親父さんを見てて、時にはその事実を認め、“捨てる(諦める)”事も必要だと感じました。あくまで個人の感想です。

名古屋市民ではないけれど、昔名古屋に住んでいて、
今も同じ愛知県民として気にはなる話題ですね。

<名古屋城>障害者団体「天守閣エレベーター設置して」
ニコニコニュース/毎日新聞 さんの記事

まぁ、市が管理する施設だったり、
民間でも公共性の高い施設などによる
バリアフリーに対する取り組みは必要だとは思います。

ただ、歴史的建造物復元までも、
その対象に加えるってのはどうなんでしょうねぇ。

私も名古屋城とか岐阜城、犬山城、彦根城など、
色々なお城を拝見しにいった事ありますが、
天守閣とか中まで入ったのって1回くらいですかね。

個人的には、そこまでディープなお城ファンでもないし、
城は外観を観て楽しむのが一番と思ってる人なので。
あくまで個人的な楽しみ方です。

復元する目的にもよりますかねぇ。
それによって違ってくるかと思います。

歴史的資産として保存目的での復元なのか
観光資源として活用するための復元なのか


前者なら、エレベーターだの何だのってのはおかしな話で、
そんな事言い始めたら、全国の神社仏閣とか歴史的建造物
全てにエレベーター付けろって話になってしまう。
それでは保存する意味が無くなってしまう。

後者が主目的だとしたら、
何らかの配慮をする必要はある様に思います。

ただ、それでも内部・外部共に景観を損ねない程度でないと、
そもそも昔のお城だからこそ観光名所になる訳で、
内部が近代化され過ぎて昔の面影・名残が無くなってしまっては、
逆に城の持つ観光名所としての価値を下げる結果になりかねません。

それこそ最新のVR技術とかを上手く活用すればいいかと。

お城の外観は、問題無く楽しめるとして、
天守閣からの景観などについては、

VR体験施設を隣接

するなどして、天守閣まで登れない人は、
そちらで楽しんでもらう様にすればいかと。

健常者でも、急角度の階段とかだと大変だったりしますから。
まぁ、名古屋城の階段がどうかは知りませんが。
その方が障害者だけで無く、より多くの人が楽しめるかと。

健常者であっても、重要な史跡などの見学にはそれなりに気を遣いますし、
大変な苦労の末に観られる観光名所だってあります。
それら全てを、障害のある人も同様に求めるのはどうなのかなと。

別に障害のある方を差別する気は無いです。
私の親父さんも身体障害者であり、また要介護者でもあったので、
身内がそうだったからこそ分かる事、思う事もあります。

健常者では無い……障害者である以上は、
周囲の助け無しでは出来無い事って、少なからずあると思います。

勿論、各個人の障害や要介護の程度によって、
出来る事、逆に助けが必要な事は違いますし、
本人の意志にもよっても差が出来る事だとは思います。

ただ、親父さんの介護をする中で、

時には何かを捨てる(諦める)覚悟も必要

と、個人的にはそう思いました。
区別される事が多少あったとして、それは仕方が無い事だと思います。
健常者とは違うからこそ障害者なのだから。

【PR】
本当に必要であれば、助けを求めていいと思います。
それは何ら恥じる事ではありません。
障害者である事を受け入れる事と甘えは違いますから。
↓↓↓↓↓





人気ブログランキングへ



テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

介護リフォームの際は、療法士さんや業者さんと密に打ち合わせして、全ての問題を事前に解消しておくのが大事。#介護

室内での移動などが1人でも出来る。

というのを当初の目標にして
親父さんのリハビリを計画してましたが、
進捗があまりよくなく、介助が必要になるだろうと。

それを前提として、リハが終了する前に
家のリフォームをする事になりました。

どこをどう改装したらいいのかという事などを確認するため、
介護士の方などが同行しての一時帰宅があります。
(泊りではありませんでした)

玄関まで車椅子で入る事になるのですが、
大抵日本の家は、玄関に段差があるかと思います。
古い家だと結構な段差だったりします。
うちの場合もそうでした。

ちょっと親父さんには高過ぎるという事で、
もう1段手前に段差を儲ける事に。

また、手摺りはどの位置にどれくらいの高さで設置するだとか、
親父さんの生活する部屋をどうするかとかなど、
色々確認・相談します。

後は、トイレやお風呂なども確認し、
どういった形にするのがいいかなどの話をします。

リフォームに携わる業者さんも、
そういう介護に必要なリフォーム専門、
或いは手慣れた業者さんがいるものです。

また、介護のためのリフォームについては、
自治体から補助金なども出ますのでご安心を。
金額は自治体によって異なると思いますので、
事前に確認しておくのが良いかと思います。

うちの場合、厄介だったのがトイレなどの“下水”の問題。
親父さんがその土地を購入した際、
幹線道路より少し奥まった場所だったんですが、
幹線道路の拡張計画があり、本来なら道路沿いになる予定でした。
まぁ、その話があったからこそ、その土地を購入した訳なんですが。

しかし、拡張工事が行われないどころか、
親父さんが家を建てる前に、
拡張予定だった土地に家が建てられてしまいました。

幹線道路沿いに下水管があったため、
家を建てる際、下水管と接続させるためには
そのお隣さんも工事しないといけなくなります。

結果、うちの下水は“汲み取り式”になり、
トイレもいわゆる“ボットン便所”になった次第です。
当然トイレの様式も和式です。

但し、お袋さんが足腰が悪い事もあり、
ホームセンターなどで販売してる
和式便器に被せるだけの簡易な洋式便座というんですかね?
そういうのがあって、それを被せてました。

勿論、ただ単に座ってできる様にするだけのカバーなので、
“ボットン便所”である事には変わりありません。
また、元々和式だった便所に強引に被せてるだけなので、
イチイチまたがないと用を足せませんし、
置くだけで固定されてる訳ではなので、非常に不安定。

右片麻痺で要介助の親父さんにそんな事が出来る訳ないし、
不安定なのも困ります。
更に、便座の向きや手摺りの位置など全てを、
親父さんや介助者の動線に配慮する必要があります。

という事で、トイレは全面的に改装する事になりましたが、
トイレも含めお風呂や台所など水回りを弄るとなると、
先の下水の問題が出てきてしまう訳です。

要するに、一般のご家庭に広く普及してる
通常の洋式水洗トイレには出来ないって事ですね。

そこでリフォーム業者さんから提案があったのが、
上水道と繋げて用を足した後にボタンで水が流せる様にし、
その後は“ボットン便所”と同様に下に落とすだけ。

そういう便器にしてはどうかと。そういうのもあるらしいです。
じゃあそれにしようという事になりました。

普通の家であればそれ程問題は無い様な気がします。
田舎の古い家とかだと、そういう問題も出て来ると思います。
うちの場合、叔父貴が建築関係の仕事だったので、
土地の事とか建物の事に詳しかったので助かった部分もあります。

いずれにしても、後々トラブルなどが起きない様に、
リハ施設の担当者・療法士さんや、
リフォーム業者さんなどと密な打ち合わせをし、
不安点や疑問点などがあればちゃんと伝え、
事前にしっかり話し合い、解消しておくのが大事かと思います。

【PR】
因みにお袋さんもその後、
膵臓癌と認知症のため在宅介護となりましたが、
トイレから距離があるのと介助での移動も困難だった為、
この様なポータブルトイレを利用しました。
ポータブルトイレFX-CP_アロン化成製
『ポータブルトイレFX-CP』
メーカー……アロン化成
カラー………533-230(ピンク) 533-550(ベージュ)
材質…………PP (本体・上フタ・便座・バケツ)
サイズ………幅55×奥行55×高さ71~83cm
      ※便座までの高さ33~45cm
重量…………約10.5kg
バケツ容量…約10リットル

キャスター式、ベッドからの移動に便利な跳ね上げ式の肘掛けタイプ、
脱臭機能や暖房機能の付いたものもあります。
詳しくはこちらの画像クリックで。
↓↓↓↓↓


画像が表示されない場合は、
こちらのトップページから検索を。
↓↓↓↓↓





人気ブログランキングへ



テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

今日も元気に鼻ティッシュ。(ちっとも元気じゃないww)

………今日も鼻ティッシュです。

昨晩も就寝後に途中覚醒し、
鼻水とクシャミが出出したので、
直にCPAPを外しました。

その後は、いつもと同様すんなりと寝付くのに、
起きるとまたクシャミ鼻水が酷くなります。

起床時の偏頭痛は無いので、
とりあえず酸素は程々に確保出来るのかなとか思いますが、
でも、CPAP付けてた方がいいに決まってる訳で、
これでまた、一歩進んだものが二歩も三歩もさがるのかぁ……

しかし、抗アレルギー薬を服用してこの状態となると、
単なるアレルギー体質が原因では無い気がします。
やはり一度しっかりと検査してもらった方が良さそうですね。

関係無いですが、今日室内で一匹蚊を発見。
ええっ!? この時期にって感じでした。
人間の私が震え上がる寒さの中、
よくお前平気だなぁと、ちょっと感心ww

【PR】
そういえば、昨日何気に観てたテレビで、
保坂さんが通販で(いい意味で)スゴい事になってる
という話をしてました。
番組最中にほぼ“SOLD OUT”してしまう。

勿論、その裏では大変な努力だったり、
経験等に基づく緻密な戦略がある訳ですが。

また、自身が健康でないといけないって事で、
ジムでのトレーニングも欠かさないとの事。
という事でww
↓↓↓↓↓




つらい肩こりや腰のこりには、
マッサージ・ストレッチなどによる“ほぐし”だけではダメ。
“はがし”が重要という事だそうです。

“はがし”と言っても、別に筋肉をはがすって事では無いですよw
肩甲骨や骨盤などの大きな骨に付着してる筋肉を
骨に沿って擦る様に圧力をかける事
だそうです。



この“ほぐし”“はがし”を加えた運動を、
「軟活(柔軟活動)」として推奨してるそうです。
興味のある方は、上のリンクから是非どうぞ。


人気ブログランキングへ



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

リハビリ入院中の方の身内は、たまに訓練の様子とか見に行くといいと思います。#介護 #リハビリ

介護関連の記事は書いてましたが、
親父さんの介護の記録としての記事は
結構久し振りになりますかね。

まぁ、私と会社とのゴチャゴチャはおいといて、
病院との連絡事項のやりとりの話、
親父さんが身体の痛みを訴えて、
その分、リハが遅れたってところまででしたかね?

連絡事項の件は、しっかり病院側に申し入れ、
親父さんも、身体の痛みが消えてリハビリに専念する日々。

この頃は、通院はしてなかったものの、
睡眠障害を抱えてる事は自分でも分かってましたので、
何時に起床出来るかはその日によってマチマチ。

午後の早い時間に病院に走る事もあれば、
夜の面会可能な時間ギリギリになる事もシバシバ。

ただ、早目に行けて且つリハビリ中だった時などは、
その様子を見学させてもらったりしました。

最初の頃は、平行棒に捕まって
歩く事さえままならなかったのに、
最後の方では手摺りに捕まっての階段の昇降や
立った状態から足元のモノを拾えるところまで回復しました。

と言っても、要介助の元での話ですが。

【PR】
親父さんの場合、下肢装具を着用してました。
下肢装具の使用を想定したリハビリシューズというものもあります。
↓↓↓↓↓

リハビリ靴、介護靴、ケアシューズのらくらくさん

時には食事時間と重なって、
食事する様子を見学したりもしました。

本当は、食事の際も麻痺してしまった右手を使って
少しでも回復をと思ってしまいます。

治療入院してた病院での食事の際は、
そういう点も配慮されてた様に思います。

ただ、リハビリ入院の場合の目的の主眼は、
日常生活で最低限必要な行動を、
いかに介助無し、1人で出来る様にするかって事。

勿論、その為に必要な麻痺の回復トレーニングは、
物理療法士さんの元でしっかり行われるのですが、
一方で、麻痺していない左手を上手く使用する事も
トレーニングしておかないといけません。

その辺りの事、リハビリ計画などに関しては、
転院時の最初の面談や月一で定期に行われる面談では、
家族・病院側スタッフ同席で話をするので、
ケア担当者、各療法士さんらとしっかり話し合うのが良いかと。

で、うちの親父さんなんですが、
思ってたより器用に左手を使って食べてましたね。
まぁ、多少(ではないかw)ポロポロこぼしてしまうのは、
口・舌も麻痺してる関係で仕方無いかなと。

そうそう、身体麻痺の人の場合は、
そういった食べこぼしの問題があるので、
病院側から前掛けを用意する様に言われます。

頻繁に病院に顔を出せる場合は、
布製とかの洗濯して何度も使えるモノでも構いませんが、
仕事もあるし、なかなかそういう訳にはいかない人も多いかと。

1回500円とかいくらかで、
病院でも洗濯してくれる有料サービスもあったりしますが、
そういうサービスを導入してても、
退院後の事を考え家族にさせる病院もあります。

私も基本的にはそうした方がいいとは思いますし、
うちも自分達で定期的に持ち帰り、洗濯する様にしてましたが、
うちの場合は他にもサポートする姉弟がいたので可能でしたが、
そうもいかない人だっています。

そういう特別な事情がある人は、
遠慮せずそういったサービスを利用した方がいいと思います。

尚、ビニール製の使い捨て前掛けというのがあります。
リハを専門に行う病院の近くには、
そういうリハに使用する雑貨類等を販売してるお店があります。
そういうお店、商品を上手く利用するのが良いと思います。

【PR】
うちの親父さんは、リハ時以外や外出時はには、
車椅子を使用していましたが、
屋内での移動やリハの際は、四点杖を使用してました。
介護用品専門カスタマーさんには
様々な杖も用意されています。
↓↓↓↓↓




うち親父さんは、特に左足も少し麻痺してたので、
かなりバランスを崩し易いため、
この様なガッチリしたタイプを使用してました。
コンパクトサイドケイン HKS01
メーカー定価18,500円(22%OFF!!)
特別販売金額14,430円(非課税商品)
送料525円 代引き可
↓↓↓↓↓


慣れてしまえばアレですけど、
当初は、ちゃんと支えてろだの何だのと
ぎゃーぎゃー言ってました。

まぁ、一度バランスを崩してしまうと、
本人は手も足も出せないまま倒れてしまう訳ですから、
その恐怖心は当人でないと分かりませんからね。

慣れるまでは相当の恐怖心があっただろうし、
勇気がいった事かと思います。

こういったリハビリや食事などを
定期的に見学するのも必要かなと思います。

その場合、色々褒めてあげるのがいいかと。
本人的には身体が動かなくなったショックと同時に、
思い通りに動かせない事に対するイライラなどもあり、
ストレスを緩和するという意味と共に、
リハビリに対するやる気を起こさせる事にもなりますから。

リハビリ入院は最長6ヵ月。
その間に出来るだけ自分で色々出来る様になってもらうと、
介護する側の負担もされだけ減りますしね。

また、リハの経過を把握しておくと、
三者面談の際の打ち合わせもスムーズです。
また、進捗具合によって退院後にどんなサポートが必要かとか、
あと前もって心の準備とかも出来ます。

そういう色んな意味で、
時々リハの様子を覗きに行くのが良いかと思います。


人気ブログランキングへ



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

先生、抗炎症剤も抗アレルギー剤も効果無しです。鼻水が止まらない……

一昨々日の就寝中に途中覚醒した際、
突然激しいクシャミと鼻水に襲われ、
CPAPを外してしまいました。

CPAPを外した後、すんなり寝付いたものの、
起床後は鼻の奥が炎症起こしてる様でヒリヒリ。
そして鼻はグズグズで鼻水止まらず。
暫く偏頭痛もありました。

結局一昨日の晩は鼻水が1日中止まらず、
結局CPAPし着用せず、鼻ティッシュ&マスクで就寝。
ずっと口呼吸だったため、今度は喉が乾燥してヒリヒリ。

そして昨日の晩、少し鼻水・炎症によるヒリヒリは感じるものの、
前よりはマシかって事で、CPAP装着して就寝。

途中覚醒時にまた鼻水とクシャミで、
結局CPAPを外す事に。
その後は30分程度で覚醒が続くので、
予定より1時間程早く起床しました。

先生……抗炎症剤も抗アレルギー剤も効果無しです。

急な気圧低下が原因なのか、
急な温度低下が原因なのかは定かではありませんが、
毎年、この時期あたりから調子が悪くなり、
12月〜1・2月辺りにかけてピークを迎えますので、
時期的な何かが影響してるのは間違いないと思うんですが……

一度、血液検査でアレルギーチェックした方が良さそうですね。
このままだとCPAP療法にもむ影響出てしまいますし。

因みに姉貴はハウスダストアレルギーで、
弟が花粉症、甥が果物アレルギーだったりします。

【PR】
特許成分ラフマ葉抽出物配合。
その他自然由来成分による睡眠サプリです。
↓↓↓↓↓




先ずは10日分の初回お試しからどうぞ。

休息サプリ ネムリス10日分×1個
初回お試しモニター価格【おひとり様3個まで】C
1,890円(税込)
↓↓↓↓↓


社会人になって「嗚呼よく寝た」って感覚、
とんと味わった事が無い……夢ばかり見てる感じで、
寧ろ疲労が蓄積してる気がします。
そうなってしまう前に、某かの対策をとる事をお薦めします。


人気ブログランキングへ




テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

各家庭によって介護環境の事情が違う。「介護は長男の嫁が〜」とか、そんな事言ってる会社がある限り介護離職者は減らないと思う。

長男のお嫁さんが親の介護ってのは、
会社とかもそれ前庭だったりするんですよねぇ。

親の介護の悩み
もう悩まない! 介護施設の選びかた さんの記事

うちの場合、親父さんが倒れて救急搬送された際も、
搬送中になんとか真っ先に連絡したのが弟のかみさん(義妹)でした。

私も姉も別の街に住んでいて、
一番近くに住んでいて、しょっちゅう顔を出してた事も
理由ではあるのですが。

その後も何かあると義妹に話すので、
義妹からクレームが出ましたww

「お義兄さんとお義姉さんで何とかして!」

そりゃそうだ。当然のクレームです。
それで親父さんには
何かあったら私か姉貴に言う様にと。

その後、義妹自身も大病を患い長期入院。
姉貴も肺炎で入院してしまい、動けるのは私のみ。
という事で、病院と実家のお袋さんの様子見にと、
2カ所に通う日々が始まった訳です。

当時私が勤務してた会社では、
大規模なイベントの企画が進行中で、
その中心となってたのが私の所属する部署。

一応、私は裁量労働契約だったのですが、
そういう事情もあると同時に、
社長自身そういう契約である事を知って知らずか、
あまり快くは思ってなかった様です。

みんなで力を合わせて=同じ時間に出勤しろ

という感じでしたね。
で、会社からの要請を受けて、
出退勤の時間を他の人に合わせてました。

但し、別に契約内容自体を変更した訳ではありません。
契約内容は裁量労働のままです。

親父さんはその後、リハビリのため転院しました。
リハビリ病棟は結構面会時間とかに厳しいです。
それは、身体的に不自由となった入院患者さんが、
時間の感覚を忘れない様にというリハビリの一環です。

仕事が終わってからでは面会時間に間に合わない。
かと言って通常の出勤前では早過ぎる。
という事で、出勤時間を遅らせて先に病院に立ち寄り、
その後出勤するという形にしました。

契約上は裁量労働な訳だし、
事情が事情なので会社も理解してくれるだろうと。
まぁ、ぶっちゃけそれが甘かったんですけどね。

直に会社から文句を言われました。

「他にも親の介護をしてる社員はいるんだし、
 君だけ特別扱いする訳にはいかない」


いやいや、確かに親御さんの介護されてる
社員さんの事は知ってますが、
他の人は皆さんは全て奥さんが中心になっての介護。
私とは状況がまるっきり違うでしょうに……

勤務時間の件だって、私がそれを承諾しなければ、
裁量労働契約の私に出退勤の指示・命令を出す行為は、
それ自体既に労基法違反ですからね。

結局のところ、会社自体が

親の介護は長男の嫁がするもの

そんな古臭い考えに囚われていて、
それを基準に物事を判断してるんだなぁと。

そんな会社の話は別にして、
親父さんの退院後はどうするかって話を姉弟出相談し、
姉貴が実家に戻り両親の介護を行い、
私と弟がそれをサポートをするという事に決めました。

それで、契約上の話にも含みを持たせて、
親父さんが退院するまでは、
こっちの状況も考えてくれって事で、
そりまでは私が動く事を、会社側に押し通しました

そんなこんながあって、
親父さんが退院するまでの半年で、
体重が15kg程減りました。

ちょっと当時はメタボ気味だったので、
まぁ丁度いいダイエットにはなりましたけどねw

各家庭毎に、介護環境は異なります。

うちは結婚もしてない(ほぼ諦めてた)
姉貴がいたからまだマシな方でしたが、
もし私が一人っ子で独り者だったら、
絶対に介護離職してた事でしょうね。

その辺り、会社側の意識が変わり、
臨機応変に対応出来る様な体制にならない限り、
介護離職者の増加だったり、
その大変さが解消されるには、まだ程遠い無い気がします。

【PR】
ベッドや車椅子などを中心に、
幅広く介護用品を扱っている専門店です。
↓↓↓↓↓




身内全員で介護をサポートするのは当然ですが、
ケアマネさんや介護士さん、業者さんらと話合って、
こういった介護用品を上手く活用する事で、
介護もかなりラクになります。


人気ブログランキングへ



テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR