FC2ブログ

脊椎症性神経根症の痛みが酷く、鎮痛剤を服用する日々が続いてましたが、ここ2日くらいでなんとか痛みが緩和されてきた感じです。

日中と夜間の寒暖差の影響で、
“血管運動性鼻炎”の症状がチラッと出る事はあっても、
冬の時期のあの大変さに比べると大した事は無く直に治まるので、
それはそれで良い傾向ではあるのですが、
“副鼻腔炎”の方は相変で、そっちはまだまだな感じです。

しかし、ここ2週間程はそれよりも、
“脊椎症性神経根症”による痛みが酷く、
そっちの方が大問題だったりしてます。

首筋から背中(脊椎)にかけての痛怠さが続くのは、
今に始まった事では無いのですが、痛怠さの度合いが増してます。

また、当初は左側(左肩・左肘・左手の平)に出てた症状が、
先週末辺りから右側へと移行。
右肩の強い痛みと右腕の痛怠さに変わりました。

右肘を中心とした痛怠さは緩和されたものの、
背中(脊椎)から右肩にかけての痛みが酷く、
ここ1〜2週間はほぼ毎日、処方された鎮痛剤を服用してます。

今回の痛み・痛怠さは、
会社員時代に初めて症状が出た頃によく似てます。

当時は、会社でPCに向かうと痛怠さが増し、
あまりの痛怠さに仕事にならないため、
痛みがある程度治まるまで席を外したりしてました。

しかし、一旦痛怠さが和らいで、
いざ作業をと机に向かうと直に痛怠さがぶり返し、
結果、早退・欠勤する事も。マジ辛かったです。

今は出来るだけ痛みが出易い(神経根を圧迫する様な)姿勢を避け、
痛みが激しいと時には鎮痛剤で抑える……という感じです。

日常生活に大きな支障が出る様な場合には、
外科的治療、良するに手術が必要になる場合がありますが、
私の場合は痛みの緩和、所謂対処療法です。

これが神経根の圧迫では無く、
脊髄を圧迫する“脊椎症性脊髄炎”の場合だと、
全身症状になり外科的治療が必要になりますが。

昨日・今日も鎮痛剤を服用しましたが、
この2日でかなり痛みが緩和されてきてる感じがしてます。

そう言えば、直接関係無い話ではありますが、
先日、右肩の痛みと睡眠不足が重なって、
日中休んでた(寝てた)んですが、
大地震に遭うという夢を見てました。

しかし、私が経験した事のある揺れは震度4が最高。
会社の防災訓練の際、起震車で震度7を体験した事はありますが。

だからなのか、夢の中では大地震だと騒いでましたが、
揺れ自体は震度4程度だったかと。

その後、15時半頃だったでしょうか。
目が覚めて何気にテレビを付けたら、
関東地方で震度5弱の地震が発生した直後だった様で。
偶然とは言え、あれにはちょっとビックリしました。

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】


スポンサーサイト



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

姉貴に現れた抗ガン剤副作用「末端皮膚障害」ですが、冷たいものに触れると痛みを感じるのに、冷水での手洗いなどの場合には、特に痛みは感じないらしいです。不思議なもんですねぇ。

昨日、月イチの定期受診に行ってきました。
予定通り診察予約時間の30分前に入り、
CT検査を受けたのですが、結果は案の定。
担当医曰く、

「典型的な慢性蓄膿症」

の状態だと言われました。

蓄膿症と初めて診断された当初は、
おでこのあたりにも膿が溜まってる状態でしたが、
今回、おでこのあたりはそうでもなく、
鼻の付け根、目と目の間のあたりの奥の部分と、
両頬の部分に溜まってました。

また、今回は特に右の鼻部分に強い炎症が見られると。

やっと血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)の
症状が治まって来た頃にこれかよって感じです。

尚、脊椎症性神経根症の痛怠さはずっと続いてるのですが、
ここ1〜2週間、特にこの3日くらいは痛みが特に酷い状態で、
首から背中、肩にかけての痛怠さは勿論の事、
腕や肘の痛怠さ、手の平にピリピリした痺れなども。
毎日鎮痛剤(及び胃薬)を服用してる状態です。

話は変わりますが、
乳癌切除後のホルモン療法を続けている姉貴に、
先日調子はどうかと尋ねてみました。

抗ガン剤治療終了後より酷くなった、
副作用の皮膚障害の件ですが、
冷たいモノに触れた時に痛みを感じるなど相変わらずの様ですが、
少しずつ治まって来てるという実感はあるそうです。

興味深いのは、例えば冷たいグラスなどに触れると痛いのに、
手洗いなどで水道水等に触れる際には、痛みとかは感じないんだとか。

何れにせよ、皮膚障害など抗ガン剤の副作用は、
投与終了後に出る人も多く、
人によっては5年とか7年とか、
長期間悩まされ続ける人もいるそうなので、
その点を本人は気にしてた様ですが、
比較的早く改善されてきてるで、良い傾向かなと思います。

頭髪は以前に書いた通り、かなり戻って来ました。
と言ってもパッと見はまだまだな感じですが。

ただ、姉貴の場合閉経後である事に加え、
ホルモン療法で女性ホルモンを抑えてる事もあってか、
特に前髪部分がなかなか戻って来ない様です。

姉貴の場合、それ以外には特に大きな副作用は出ておらず、
相変わらずパートの仕事も元気にこなしてる様なので、
今のところ比較的順調という感じです。

寧ろ、体調の事があるから様子を見に行ってるのに、
そういった話はほとんどする事は無く、
大抵の場合、世間話しかアニメの話。
最近は人間関係を含めた仕事に関する話も多いです。

【PR】
外反母趾でお悩みの方用のシューズ各種。
リハビリ靴、介護靴、ケアシューズあゆみの専門店。
↓↓↓↓↓



人気ブログランキングへ

【PR】


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

この時期になってもCPAPで鼻の炎症感がマシマシになるのは、寒暖差アレルギーというよりやはり副鼻腔炎の影響なのかな?

ここ数日、ほぼ1日2回の睡眠に。

やはり冬場色々とあった事で、
また夜型に戻ってしまってる可能性が。

一応、ほぼ予定の時間に眠剤を服用し、
それでなんとか寝付きはするんですが、
(稀に寝付けない日もあり)
途中覚醒が頻繁だったり、
短時間でしっかり覚醒してしまい一旦起床したり。

なんとか日中持ち堪える日もありはしますが、
大抵徹夜明けのボーッとした感覚の中過ごしてる感じ。

CPAPもここ数日「今日は大丈夫そう」と思って着用しても、
途中覚醒した際には、鼻の奥の炎症によるヒリヒリ感と、
空気嚥下によるゲップが酷かったりして、
結局は外してしまうという感じ。

そのまま直に寝付く事もあれば、
先に書いた通り一旦起床してしまう事もありますが、
どちらにしてもそれまで大丈夫だったのに、
以降は鼻がグズグスで、時には激しいクシャミも。

尚、鼻のグズグスは結構続くんですが、
クシャミは割と直に治まります。

そういう事があった晩は、
最初からCPAP無しで就寝し様子見する事にしてますが、
その日は大丈夫だとして、
それじゃ今夜は装着して寝るか……で、結果また炎症がの繰り返し。

1日の気温差が激しい日も何日かありましたが、
以前程では無い気がしますし、
実際、症状が酷い時期と比べるとかなりラクにはなったかなと。

そうするとやはり、現時点では副鼻腔炎による炎症が
主な要因って事ですかねぇ。

とまあ、私はそんな感じです。
そう言えば次回の定期受診では鼻のCT検査が待ってます。
予約時間より30分早目に入る様言われてるので、
忘れず遅れず出掛ける様にしないと。

それと、乳癌の術後治療中の姉貴ですが、
今のところ相変わらずです。

投与終了後に抗ガン剤の副作用である、
末端の皮膚障害と思われる症状が出てますが、
本人の性格的にそれをグチる事は少なく、
相変わらず『進撃の巨人』を寝過ごして観忘れた〜とか、
アニメ関連の話で盛り上がったりしております。

また、元気に仕事(パート)にも出掛けてますが、
仕事と言えば先のGW。

「今回はさすがにサービス業以外は10連休でしょう」
と言ってた姉貴本人が、
製造業であるにも関わらず10連休じゃ無かったと言うねw
もう、どうやってツッコミ入れてやろうかとww

【PR】



人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR