FC2ブログ

久しぶりに寝ながら壁に蹴りを入れました。

深夜から朝方に就寝し短時間で覚醒。(1回目)
お昼から夕方にかけて頸椎症の痛みも加わり休む。(2回目)
夜から深夜にかけウトウト。気付いたら落ちてる事も。(2.5回目)

…って感じでしょうか。
1日2回寝てる時間帯があるってのが
定番化してる気がします。

問題は、本来就寝したい希望の時間帯よりも、
そうでない時間帯の方が時間が長いという事。
まだ、身体のリズムは希望からズレてるという証拠。

それでも夜…深夜帯に眠気が起きる様になったのは、
良い傾向なのかな…と信じたいw

ここのところ気温がグッと上がって来て、
日中など結構な暑さになってきましたが、

ただ、ここ2日〜3日に関しては、
深夜から朝方にかけて少々肌寒いくらいの感じで、
日中との温度差が激しく感じたためか、
起床後は若干のクシャミ・鼻水に見舞われる事も。

今朝も起床後にクシャミ・鼻水。
今も鼻が多少グズグスいってます。

さて…先日の就寝中、久しぶりに「壁蹴り」しました。
レム睡眠行動障害の症状です。

一応、睡眠時無呼吸症候群の治療に害を及ばさない程度で、
眠剤と併用する形でそれ様(身体機能を抑制する)の薬を
処方され服用してはいるんですが、時々出たりするのですよ。

本人が気付いて無い事もあるでしょうから、
時々かどうかは不明ですがw

その際のシチュエーションが面白かったです。

それまでどんな流れだったかは忘れてしまいましたが、
とにかく何やら建物らしきところに入った途端、
突然私が一人の女性のボディガード(SP?)として、
その女性をその建物まで誘導して来た…という設定にww

女性を安全な階に逃げる様指示した後、
私は追っ手を向かい討つためエレベーター前へ。

エレベーターの扉が開くと3人の黒づくめの男達が。

私は咄嗟にしゃがみ込み…というより仰向けに倒れ込み、
正面の男の股間を蹴り上げる。
恐らく、その時の感覚から布団を蹴り上げた様に思いますw

そして左右の男達に両脚で同時に蹴りを入れる。
で、その蹴りが命中するかしないかというタイミングで…覚醒ww

「あっ…壁蹴っちゃった(汗」

となった次第です。
壁に穴が開くなど壊れる程では無く、
怪我をする事も無かったですが、

「隣の部屋の人…申し訳無い!」

と、心の中で謝罪した次第です。

寝言を口走ったり、それがハッキリ発音出来ず、
う〜あ〜とただ唸ってたり程度は、
これまでもちょくちょくありましたが、
こうやって身体が大きく動いたのは久しぶり。

う〜ん…何かストレスでも溜まってたのかな…

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



スポンサーサイト



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

抗ガン剤の副作用による体毛の脱毛症状が現れた人が帽子を着用するのには、見た目的な理由だけでなく「頭皮を保護する」という目的もあります。

某アスリートさんが、闘病によって脱毛してしまった姿を
雑誌(?)で披露して話題になってましたが、
その件で昨日、姉貴と少し話をしてました。

うちの姉貴も乳癌切除後の抗ガン剤治療による副作用で、
体毛の脱毛症状が出ました。

この件については、以前にも書きましたが、
あの副作用は頭髪の脱毛では無く、
体毛の脱毛なので、全身の毛が抜け落ちます。

姉貴の場合も頭髪は完全に抜け落ちてしまいましたが、
鼻毛が抜けてしまい鼻水ダラダラなのが大変と言ってました。

で、頭髪が抜けてしまった人が
帽子を着用するのはよく見る光景で、
女性の場合は、特に見た目的な意味で
帽子を被るという側面もあるにはありますが…

抗ガン剤治療の副作用には、
末端の皮膚障害など、皮膚にも影響が出ます。

抗ガン剤治療を行ってる人であれば、
担当の医師から話を聞いてご存知の事と思いますが、
あの帽子を着用するという行為には、
単に見た目の問題だけでは無く、
頭皮を太陽光(紫外線でしたっけ?)から保護するという、
そういう目的もあって被っています。

発毛が再開さた際にも影響が出るという事で、
抗ガン剤治療を受ける方には、
頭皮のケアの仕方についても医師から指導がありします。
頭皮に優しい生地の帽子を使用するのもそのためです。

帽子着用にはそういう目的、
意味合いもあるのだという事は忘れないで欲しいです。

…と言った話をしてました。

尚、うちの姉貴はかなり頭髪も戻ってきました。
ただ、後・横については良いのですが、
前髪の伸びだけが何故か遅い様です。
理由についてはよく分かりません。

こまめに散髪する必要がないし、
洗髪も楽って事で本人は別に気にしてない様ですが。

因みに、うちの姉貴はもういい年なので、
あまり頭髪の事とか気にしてない様で、
ある程度戻った時点で帽子被るの止めてましたね。

まあ、あの人はある意味既に女を捨ててますから。
あまりれそういうのは参考にならないと思います。
何せこちらが何か言う前に、
本人が自虐ネタとして一人でノリツッコミして
勝手に爆笑してますからww

それと乳癌とは関係無いのですが、
元々緑内障を患っていて、
それ自体は現在も定期的に眼科を受診し、
目薬を指す等して進行を止めているのですが、
最近、ピント調節がどうこうと言ってました。

視界がボケて来る…とか。
暇があるとゲームばっかしてるので、
眼精疲労なんじゃねって話をしたんですが…

よく話を聴くとどうも右目…だったかな?
が、視点を移す際に動き(反応)が遅れるらしいです。
実際、眼科で診てもらった所、
確かに片方の目がけが若干遅れると言われたそうです。

考えられるとしたら斜位(隠れ斜視)か、
外眼筋の動きが右だけ弱ってるというか鈍いという事か、
どちらかだとは思います。

恐らくは斜位が原因ではないかと思いますが、
医師に何と診断されたかまでは聞かなかったので。
今度会った時にでも聞いときます。

尚、そんな話をした後は、
家政夫のミタゾノさんを視聴して盛り上がってましたww

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 家族・身内
ジャンル : 心と身体

夜の適当な時間にも強い眠気が出て来始めたのは良い傾向…ではありますが…

今月は定期受診の月でしたので、
先週…じゃない、先々週受診してきました。

因みに先々月の受診の際、
新型コロナ対策として受付方法が変わってた
という話は書きましたが、
今回新たに診察室内にも変化がありました。

診察を受ける患者さんと、
診察する担当医の間に透明の仕切りが設けられてました。
これは先々月の受診の際には無かったものです。

血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)の方は、
毎年の事ではありますがこの時期になって
かなり改善されてきました。

加えてCPAPの圧を下げてもらった事もあり、
睡眠時無呼吸症候群でのCPAP在宅療法に関しては、
かなり正常に戻って来た感があります。

その一方で、非24時間睡眠覚醒リズム症候群
(概日リズム睡眠障害)の方はズタボロ
1日中眠気と戦ってる感があります。

負けてしまう事も多々(w)

一時期治まっていた頸椎症性神経根症による
背中から肩、肘にかけての痛みが、
ここ数週間また酷くなってしまった事も影響してるかと。

寝付き自体は眠剤を服用してる事で、
まあ取り敢えずですが何とかなってますが…

リズム障害の影響という面は多分にありますが、
そこに痛みの影響も加わってなのか、
やはりまだまだ短時間で覚醒を繰り返してしまってます。

睡眠時間のサイクルがバラバラというか
メチャクチャになってる事もあって、
夜いいタイミングで眠気が来て就寝しても、
短時間…1時間とか2時間とかで直に目が覚めてしまいます。

ただ、唯一の救いとでも言うのか、
日中の眠気はまだあったりする一方で、
夜の適度な時間帯にも強い眠気が現れる様になった事。

今はまだ短時間で覚醒してしまってますが、
その時間帯をターゲットに、
地道に眠剤を服用して就寝するという事を続けていけば…と。

それは担当医も同じ意見でしたが、
このあくまでも“地道に”ってのまで意見が同じってのもなぁ(w)
まあ、それしか無いんですけどね。

しかし、しまったなぁと思ってるのが、
頸椎症から来る痛みってのがことのほか酷いので、
鎮痛剤を処方してもらえば良かったかなぁと。

以前処方されたのはかなり以前の事。
その時のものは既に期限切れのハズなので。

最近、ブログの更新等の回数が減ってるのも、
実はこの痛みの影響もあったりしてます。

取り敢えず次回の定期受診日までは、
可能な限り負荷が掛からない様な姿勢を心掛け、
痛みが酷い時は無理せず身体を休める様にして、
何とか乗り切りたいところです。

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

急な変化に身体がついていけなかったのか…久しぶりに酸っぱ気持ち悪い吐き気を体感。

一昨日・昨日と急に暑くなったためか、
昨日はちょっと体調不良に陥り、日中グロッキーしてました。

何て表現すれば良いのだろう…

胃が空っぽの状態(?)と言うんでしょうか、
空きっ腹にアルコールだけ入れ過ぎて
気分が悪くなった時の様なと言うか、
空きっ腹で乗り物酔いした時の様なと言うか…

とにかく、空きっ腹の状態で気分が悪くなり、
吐き気をもよおしてしまった時というのは、
胃液(胃酸)の味とでも言うのでしょうか、
何やら酸っぱい感じがします。

最初、妙にゲップが出るなと思ったら、
そんな酸っぱいものが口に広がる様な感覚と共に
吐き気がしてきまして。

結局吐きはしませんでしたが、
例の頸椎の痛みと強い眠気とが相まって、
お昼過ぎ頃だったと思いますが、
それから夕方頃にかけベッドの上でグロッキーしてました。

気温の変化に身体がついていけなかったのか何なのか…
目が覚めた時には吐き気は治まってましたが、
あの妙に酸っぱ気持ち悪い感覚…何年…いや、
何十年振りくらいに味わった気がします。

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR