FC2ブログ

心肺蘇生でのトラブルの件、華視(CTS)で取り上げられた台湾での出来事の様ですね。

こんに記事を拝見しました。

瀕死の同僚を心肺蘇生で救った女性
「力かけすぎ」との言いがかりに激怒

(ニコニコニュース/しらべぇ)

SNSで女性が公開したというやりとりなど、
ソースが一切記載されておらず、
事件自体が事実か否か不明という怪しい記事。
(しらべぇの記事ですしねぇ・・・)

個人的な事でアレですが最近、
別ブログである芸能記事の事実確認を
つい怠ってしまったという事があったので、
先ずは本当にあった話なのかを調べました。

台湾のTV放送局“中華電視公司”(略称:華視、CTS)にて、
取り上げられた出来事の様です。
 ↓↓↓
狂做CPR救回同事命 反被嗆告「太用力傷到我」
(2020/11/24)

心肺蘇生の際の心臓マッサージ(胸骨圧迫)では、
結構な力をかける必要があったかと思います。
そのため骨が脆くなっている高齢者の方とかは特にですが、
骨折のリスクというのが伴います。

骨折してしまうケースもある程ですから、
圧迫痕が残る場合もある事でしょう。

そのため、晩年のうちの親父さんは、
結構入退院を繰り返したりしてたんですが、
万が一心肺停止となった際の対応について、
予め担当医の方と相談します。

人工心肺に繫ぐかどうかとか、
心肺蘇生の際の方法(CPR)はどうするのかとか。
その際、心臓マッサージ(胸骨圧迫)の際に生じる
骨折のリスクについてもちゃんと説明を受けました。

結果、AED(自動体外式除細動器)は使用するけど
心臓マッサージ(胸骨圧迫)は行わない・・・
という事にしたと記憶しています。

但し、これはあくまで親父さんは既に入院しており、
万が一の場合には医師や看護師等
専門スタッフによる対応が出来る状況であり、
尚且つ、心肺停止の可能性も視野に入れた上で、
事前に対応を協議出来る状況であったという事。

そうでは無い場、状況下において
知人が心肺停止状態に陥った場合には、
一般的な蘇生手順に則って行う事になるかと思います。

この方々の場合は後者にあたるワケで、
女性の対応は至極真っ当な対応であって
責められるものでは無い様に思いますけど・・・

勿論、糖尿病の人は確かに傷が治りづらいだとか、
傷が化膿し易いなどの症状があり、
その事はよく存じ上げているつもりです。

うちは父方が糖尿病の家系なのですが、
父方の祖母が末端壊死で足を切断しましたので。

これは動脈硬化による局所の血流不足、
及び組織修復が遅くなってしまう事だとか、
血糖値悪化による感染症への抵抗力低下などが原因です。

特に足先などの抹消部位といった様に
血液循環が低下し易い部位ほど現れ易い症状です。

そういう点を加味して考えても、
蘇生を行い命を救った女性に非は無いのではと思いますし、
先ずは心肺停止から無事蘇生された事を喜び、
感謝すべきでは無いのかなと、
個人的にはその様に思うのですが・・・

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

朝の6時と夕方の6時を勘違いする寝ボケっぷり

今朝も豪快・・・という程では無いですが寝ボケましたw

目が覚めてふと携帯の時間を確認すると時間は既に6時半。
昨日は買出しに行けなかったので、
今日こそはと思っていたのに・・・

でもまだ何とか間に合う時間ではあるなと、
モゾモゾと起き出し取り敢えずコーヒーでもと、
お湯を湧かしつつ窓の外を眺めたら、アレ? 白んでる?

おかしいな、今の時期この時間は既に暗いハズ。
考えてみたら寝たのは深夜3時半頃。
はい・・・朝の6時と夕方の6時を勘違いしてましたww

そもそも私は、時刻表示されるものに関しては、
全て24時間表示にしてるんですよね。
その事すら忘れてて・・・

言っときますが“ボケてる”のでは無いですよ。
あくまで“寝ボケている”だけです。
一字違いで大違いってヤツです。

しかも、3時間しか睡眠してなのに、
途中でCPAPを外した記憶がある・・・
30分か1時間程度かは分かりませんが。

だからでしょうね。
起床直後暫く偏頭痛がありました。
酸素が足りてないって事ですね。
このクセも何とかしないとヤバイのですが。

まだ偏頭痛の原因がちゃんと分かってるだけ
マシと言えばマシではあるんですけどね。
頭痛自体も起床直後だけで、暫くすれば治まりますし。

とは言え、これが続けば脳のダメージも蓄積し、
マズい事にはかわりないワケでして・・・

尚、結局また寝直したんですが、
その時はちゃんと起床するまでCPAP装着してました。

毎回外しちゃうと言う事でも無いんですよね。
それに前回の定期受診の際、
使用時の記録から以前と比べて装着時間が伸びてると、
担当医もそう言ってくれましたし、
それは私自身も実感として感じてるところです。

それと例の脚の浮腫の件ですが、
そこそこ改善されてきた様に思います。
まあ、ここ最近は眠気に勝てず、
椅子に座ってる時間が短くなったというダケなんですがw

今は、夏場に増えてしまった体重が、
なかなか元に戻らないのが悩みの種です(涙目

問題は中身ですね。

体重自体は減らないかわりに
一応増えたりもしてないのですが、
体脂肪と内臓脂肪が増加してます。

特に内臓脂肪が・・・ヤバイ・・・
そう言えば最近炭水化物(麺類)が増えてる気が・・・

それと、基礎代謝が以前より落ちてる。

って、要するに運動不足じゃねぇか(苦笑
何とか眠気に打ち勝って頑張って動けって事ですね。

・・・頑張りま〜す。

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

“大漁(量)旗”を掲げる程の処方薬の中、やっと一つ薬が減らされる事に。

一昨日辺りだったでしょうか、
Twitter上で「この時期にこの暑さは異常」みたいなのが
中部地方ではトレンド入りしてた様で。

確かに日中の暑さはスゴかったです。
南向きの部屋で窓とか閉め切ってたら、
夏なんじゃねぇかと思うくらいでした。

当初、暑いのは日中だけで、
夕方買出しの帰りに実家に立ち寄り、
姉貴と世間話とかして帰宅する頃には、
寒くて震えてたくらいでしたが、
昨日、一昨日辺りは深夜から早朝にかけても
それ程寒さを感じなかった気がします。

あまり気温差が激しいのは、
血管運動性鼻炎など自律神経の乱れに起因する
症状を抱えている私的には問題なのですが、
今年はワリと症状が出ないなぁ〜・・・と思ったら、
ジワジワとやってまいりました(苦笑

まだそれ程症状的には酷くは無いのですが、
それでも一日鼻がグズ付いてしまったり、
起床直後にクシャミ・鼻水がといった事が起き始めました。

これからドンドン酷くなっていくんだろうなと。
しかし、それよりも個人的には睡眠時間が短いのが・・・

特に、本来就寝しなきゃいけない時間で、
眠剤を服用してるにも関わらず、
睡眠時間が極端に短いってのが厄介で。

昨日は、それで何度も覚醒しては直に眠気に襲われて、
再び寝ての繰り返しという一日でした。
御陰様で睡眠時間(時間帯)はズタボロです(涙目

そう言えば昨日はテレビ観ながら、
座ったまま寝てしまった様で、
「はう〜」とかって間抜けな声を出してしまって(w)
自分のその声にハッと我に返りました。
あ〜恥ずかしかったww

寝てる間にCPAPのマスクを無意識で弄ってる事も増え、
先日の定期受診の際にその件を担当医に話しましたが、
「さすがに寝ている間の事はどうし様もないので」
と言われてしまいましたww

レム睡眠行動障害を抑制するための薬は
既に処方され服用しているって事もあり、
さすがに私も「ですよねぇ〜」と笑うしか無かったです。

そういった件も含め担当医からは、
「より強い眠剤を使用するという手もありますが・・・」
と前置きされた上で、

「YAMATOさんの場合は、
 悪い方に出てしまう可能性が高いので、
 暫く薬は変えずに様子を見ましょう。」


と言われました。
確かに睡眠の質だけの問題ならともかく、
私の場合は睡眠時無呼吸症候群の件もあるのでね。

眠剤の服用が睡眠時の呼吸を阻害してしまうため、
あまり強い眠剤は使用出来ないんですよね。
というか本来であれば、
眠剤の服用は避けるべきだったりするので。

そんな中、一つ薬を減らす事になりました。
副鼻腔炎のために服用していた抗生剤については、
終了する事になりました。

抗生剤の服用は長期に渡るのはよろしくない。
でも、途中で行った確認のためのレントゲン検査で、
まだ化膿が治まっていない・・・という事で、
服用を続けていたワケですが、これでやっと終了です。

と言っても、まだまだ処方されてる薬の数は、
“大漁(量)旗”がドンと掲げられたままなんですが(苦笑

と言う事で・・・ってどういう事か分かりませんが(w)、
今日は3時版頃(?)就寝し、5時頃には起床してました。
多分日中・・・そうですね・・・
お昼前後辺りには落ちるかと思います(苦笑
何とか頑張ってみるつもりではおりますが。

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

寝ぼけてガラケーを放りに投げる事とかあったので、スマホは枕元には置いてません。

毎年10月頃から症状が出始める
寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)ですが、
今のところ大丈夫という話でしたが・・・

先日、途中覚醒した際に鼻がヒリヒリ。

「この感覚は・・・あの炎症感!」

で、これはマズいと直にマスクを外しました。
遂に来たかと思ったのですが、
翌日にはまた普通に戻ってました。

ただ、鼻がヒリヒリしてクシャミ・鼻水が止まらない・・・
なんて事は今のところ未だ発生してませんが、
多少鼻がクズグズいい出した感じはあります。
昨日とかも1日中鼻がグズついてました。

これからいよいよ本番がって事ですかねぇ。

マスク(CPAP)と言えば、
先日就寝時にマスクを装着したら
おでこにグサッときて「痛っ!?」となりまして。

マスクを確認してみたところ、
本来ならおでこに固定する部分の
クッション的役割を果たすゴムパーツが
何故か外れてしまっていました。

一応は取外し可能なパーツなのですが、
寝ぼけてる時には何するか分から無い人なので(苦笑

ベッドの上、布団の中など探しましたが見つからず、
ベッド(ロフト)の下にも落ちていない。
それでもしやと思い、
ベッドから少し離れた場所を見回してみたら・・・

ありました。落ちてました。
ベッドから少し離れた場所にww

距離的な面から察するに自ら放れ投げた
(ポイッと軽く捨てる感じ)か、
(多分無意識に)マスクを外す際どこぞに引っ掛かり、
それでも強引に外してしまったため、
その勢いで弾け飛んだ・・・と言ったところでしょうか。

CPAPのマスクを取り外す際、
頭部に固定するためのベルトとかしっかり外さずに
強引にマスクから頭部を引っこ抜いてる事があります。

寝ぼけてるか無意識下(覚醒時健忘)での事で、
全く記憶に無い時もあれば、
ボンヤリと覚えている事もあったり、
外した直後にハッと我に返って気付く事もあったりします。

ゴムのパーツなので多少の事では壊れず、
逆に何かにぶつかった際モノを壊す事も無いのでアレですが。

そう言えば・・・最近ガラケーからスマホに替えましたが、
寝ぼけて何度もベッドから落としてしまい、
切り替え時点でのガラケー本体は
「よくこれで使えるな」ってくらいボロボロの状態でしたw

ロフトベッドだから落とすだけでもそれなりにヤバイのに、
時々無意識の内に投げ捨てた事とかも。

携帯としてはもう使え無いですが、
時間確認とか目覚まし代わりには使えるので、
枕元にはガラケーを置いております。
そういう事なので、スマホは枕元に置いてませんw

因みに、今朝はマスクを落下させましたww

マスクを外し、枕元に置いたその姿勢のまま寝ていて、
起きた際に落下させてしまったか、
もしくは腕にチューブが引っ掛かってしまい落としたか。
そのどちらかだと思いますが、ハッキリ覚えてません。

ただ、起床の際突然耳元で大きな音(落下音)がして
ビックリしたって感じです。

にしても・・・これからまた鼻の炎症感が増し、
CPAPの使用が難しくなる時期が始まり、
またリズムの方も・・・って既にこちらはガタガタですが、
より酷くなってしまうのかと思うと、
ちょっと憂鬱になってしまう今日この頃です。

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

寒暖差の影響もあり、立ち眩みとか久しぶり。尚、懐具合に目眩いならしょっちゅうの模様

昨日は買い物途中で激しい胸の痛み。
例の逆流性食道炎によるものでした。

買い物中ということでどうしようと焦りましたが、
自宅近くのコンビニだった事もあり、
とっとと買い物を済ませて速攻帰宅し、
冷たい水を飲んで何とか治まりました。

よく考えたらコンビニでトイレを借りるなり、
飲料水を購入するなりして対処する事も出来たなぁと。
結構久々だったのでちょっと慌ててしまいました。

久々と言えば、今日は久しぶりに立ち眩みも。

私の場合原因はハッキリしてて、
これも自律神経からくるトラブルの一つで、
血管の拡張・収縮の運動が、
身体の動きと僅かにズレる事により起こるもの・・・
と、担当医に言われました。
なので今日の件も、立ち上がった直後に起こりました。

最近は寒暖差も激しかったりするので、
その影響も出てき始めたのかなとか思いますが、
その割に血管運動性鼻炎・・・所謂寒暖差アレルギーの方は
例年に無くあくまで今のところはですが落ち着いてます。

鼻は少々グズ付いたりしてますが、
副鼻腔炎の方が原因なのかそこは何とも。

ただ、寒暖差アレルギー(私)の場合に特有の
クシャミの症状を伴っていない事もあり、
副鼻腔炎の影響か単に寒くて鼻がグズってるのか、
そのどっちかなんだろうなぁと。

しかし・・・立ち眩みとか少し前のでは頻繁に起きてたので、
そういうのには慣れるハズなんですが、
今回はちょっと久しぶりだったので、多少ビックリしました。

まあ慣れてしまうってのも、
それはそれでどうかとは思いますけどね。

あまり深刻になり過ぎるのは精神的にマズいと思いますが、
症状を軽んじる様になってしまうと、
それは健康管理上の危機意識としてどうかと思いますので。

それと例の乳癌の姉貴ですが、
未だ末端の感覚に多少違和感等ある様ですが、
日常生活には何ら支障無く普通に過ごしてます。

が、別の意味で生活に支障が出てる模様。
コロナ禍の中で、パート先の仕事量が減ってるらしく、
パート代が激減してるため、転職を考えてるそうです。

因みに、姉貴も私同様深夜アニメ好き。
パートが朝早いため一部の深夜アニメを断念してる様なので、

「少し遅いシフトで朝ゆっくりできる仕事を探したら」

と言ってみたところ、

「イヤだ! 夜9時からのドラマとか観れんじゃん!」

との事でした。
私ならアニメ優先するところですが、
あの人はドラマも好きなのでそっち優先だそうです。

何れにせよ「嗚呼この人は大丈夫だな」とw

ホルモン療法の方がどうなったのか、
最近あまり乳癌の話題は出なくなったので分かりませんが、
元々緑内障を患ってる事もあって、
そちらで通院を続けてる話はたまにしており、
最近は、目がかすれやすくなったと言ってました。

コロナ禍の影響でパートに入る日を減らされ、
家でゴロゴロしつつテレビ観てる時間が長くなった事とかも、
理由としてはあるんでしょうけどねぇ。
まあよく分かりませんが。

私もPCに向かってる時間が長い時などは
よくかすれ目にはなりますが、
近視+乱視に老眼が加わってる事が鬱陶しくて(苦笑

普通にPCを操作してるだけなら問題無いのですが、
先日も手元の紙に印刷された細かい文字をPCで入力する際、
原稿を見る時は裸眼で、入力時は眼鏡でと、
眼鏡を掛けたり外したり(ズラしたり戻したり)と忙しかったですw

【PR】





人気ブログランキングへ

【PR】



テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

YAMATOASUKA

Author:YAMATOASUKA
YAMATOASUKAと申します。
自身の経験が少しでも似た境遇の方々の
お役に立てればと思います。

リンク
ゆっくりしていってね
PR
ランキング参加中

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR